黒コントロール

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

黒コントロール(Mono Black Control)は、黒単色コントロールデッキ。略して「黒コン」とも呼ばれる。

目次

[編集] 概要


Terror / 恐怖 (1)(黒)
インスタント

アーティファクトでも黒でもないクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。それは再生できない。



Mind Twist / 精神錯乱 (X)(黒)
ソーサリー

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、カードをX枚、無作為に選んで捨てる。



Corrupt / 堕落 (5)(黒)
ソーサリー

クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。堕落はそれに、あなたがコントロールする沼(Swamp)の数に等しい点数のダメージを与える。あなたは、これにより与えられたダメージに等しい点数のライフを得る。


の得意とするクリーチャー除去手札破壊をベースに、対戦相手戦場コントロールすることを狙う。

エンドカードドレイン系の呪文大型クリーチャーが主であるが、時代によってカード自体はまちまち。

黎明期から現在まで非常に人気のあるデッキタイプであり、環境によって構成は様々。黒は色拘束が強いカードや、単色デッキで組まれることでより威力を発揮するカードが多いため、環境に現れた強力なカードを最大限に使いたいが為に組まれたりもする。

手札破壊を持つ性質上、コンボデッキパーミッションには有利。ピンポイントでのクリーチャー除去も豊富なため、中速ビートダウン相手にも互角以上に戦える。

一方、手札の消費が激しいウィニーは、手札破壊の効果が薄くなること、黒にライフロスを要求するカードが多くダメージレースで押し切られやすいことから相性が悪い。特にこの傾向が顕著なスライや、多くの黒の除去が効かない黒ウィニーなどは苦手。しかしこれに関しては、環境に存在するドレインカードや、除去特に全体除去の速度や質次第で挽回も不可能ではない。

その他にも、プロテクションアーティファクトエンチャントは、手札破壊やアーティファクトに頼らなければ処理が困難なため、メタられる色対策カードの質によってはどうしようもなくなってしまう場合もある。

[編集] ラヴニカへの回帰ブロック+テーロス・ブロック期

信心ギミックを中心とする黒単色ミッドレンジである黒単信心(Mono-Black Devotion)が存在する。


Gray Merchant of Asphodel / アスフォデルの灰色商人 (3)(黒)(黒)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie)

アスフォデルの灰色商人が戦場に出たとき、各対戦相手はそれぞれX点のライフを失う。Xは、あなたの黒への信心に等しい。あなたはこれにより失われたライフに等しい点数のライフを得る。(あなたの黒への信心は、あなたがコントロールするパーマネントのマナ・コストに含まれる(黒)の数に等しい。)

2/4


Underworld Connections / 地下世界の人脈 (1)(黒)(黒)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(土地)
エンチャントされている土地は「(T),ライフを1点支払う:カードを1枚引く。」を持つ。


詳細は黒単信心を参照。

[編集] 時のらせんブロック期

時のらせんブロック期は、「黒い神の怒り/Wrath of God」こと滅び/Damnationをベースにしたコントロールデッキが存在した。特に時のらせんブロック構築で有力なタイプだったが、スタンダードにも存在した。


Damnation / 滅び (2)(黒)(黒)
ソーサリー

すべてのクリーチャーを破壊する。それらは再生できない。



Korlash, Heir to Blackblade / 黒き剣の継承者コーラシュ (2)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー — ゾンビ(Zombie) 戦士(Warrior)

黒き剣の継承者コーラシュのパワーとタフネスはそれぞれ、あなたがコントロールする沼(Swamp)の数に等しい。
(1)(黒):黒き剣の継承者コーラシュを再生する。
壮大 ― 他の《黒き剣の継承者コーラシュ/Korlash, Heir to Blackblade》という名前のカードを1枚捨てる:あなたのライブラリーから沼カードを最大2枚まで探し、それらをタップ状態で戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。

*/*

突然の死/Sudden Death堕落の触手/Tendrils of Corruption殺戮の契約/Slaughter Pactなどの単体除去によって序盤の攻勢をしのぎ、滅びによってカード・アドバンテージを稼ぐのが基本的な戦略。特に堕落の触手はライフを稼ぐのにも役立った。時のらせんブロック構築では、幽体の魔力/Spectral Force対策に大物狙い/Big Game Hunterが使われることもあった。

この環境にはに実用的なドローが無いため、手札破壊から一気に大型クリーチャーへ繋ぎゲームを決めるのが重要となる。

フィニッシャーには手札破壊と相性がよいファイレクシアのトーテム像/Phyrexian Totem、制圧力のある要塞の監視者/Stronghold Overseerセンギアの吸血魔/Sengir Nosferatuがよく用いられた。未来予知参入後は黒き剣の継承者コーラシュ/Korlash, Heir to Blackbladeが使われることが多かった。

デッキ内のカードが3マナ以降に偏っていたため、マナ加速として虹色のレンズ/Prismatic Lens精神石/Mind Stoneがよく採用されていた。

時のらせんブロック構築では、メタゲームで最有力視されたスライに対して、除去兼回復の役割を果たす堕落の触手、火力で除去されづらい高タフネスのクリーチャーが有効だった。

未来予知参入後の時のらせんブロック構築では、ニヒリスコントロールとも呼ばれる、小悪疫/Smallpoxを中心としたものが主流となった。


Smallpox / 小悪疫 (黒)(黒)
ソーサリー

各プレイヤーは1点のライフを失い、カードを1枚捨て、クリーチャーを1体生け贄に捧げ、その後土地を1つ生け贄に捧げる。


[編集] スタンダード版

RAV+TSP [1]
土地 (23)
19 沼/Swamp
4 草むした墓/Overgrown Tomb
クリーチャー (15)
4 惑乱の死霊/Hypnotic Specter
4 闇の腹心/Dark Confidant
3 墓生まれの詩神/Graveborn Muse
4 黒き剣の継承者コーラシュ/Korlash, Heir to Blackblade
呪文 (22)
4 精神石/Mind Stone
4 堕落の触手/Tendrils of Corruption
2 魂の消耗/Consume Spirit
2 ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer
3 呆然/Stupor
3 突然の死/Sudden Death
2 滅び/Damnation
2 殺戮の契約/Slaughter Pact
サイドボード (15)
4 ボトルのノーム/Bottle Gnomes
4 虚空の力線/Leyline of the Void
3 クローサの掌握/Krosan Grip
1 滅び/Damnation
3 十二足獣/Dodecapod


[編集] ミラディン・ブロック期

帰ってきた悪疫/Poxこと死の雲/Death Cloudを利用したデスクラウド型が登場した。


Death Cloud / 死の雲 (X)(黒)(黒)(黒)
ソーサリー

各プレイヤーはそれぞれX点のライフを失い、各プレイヤーはそれぞれカードをX枚捨て、各プレイヤーはそれぞれクリーチャーをX体生け贄に捧げ、その後、各プレイヤーはそれぞれ土地をX個生け贄に捧げる。



Crucible of Worlds / 世界のるつぼ (3)
アーティファクト

あなたは、あなたの墓地にある土地カードをプレイしてもよい。


黒緑の構成をとることが多いので細かい解説はデスクラウドを参照。

黒単のものは世界のるつぼ/Crucible of Worldsを使用したるつぼクラウドがある。

[編集] オデッセイ・ブロック期

トーメント重視を全面的に押し出していたため、オデッセイ・ブロック構築および当時のスタンダード環境で一大勢力を形成する。


Mutilate / もぎとり (2)(黒)(黒)
ソーサリー

すべてのクリーチャーは、ターン終了時まであなたがコントロールする沼(Swamp)1つにつき-1/-1の修整を受ける。



Cabal Coffers / 陰謀団の貴重品室
土地

(2),(T):あなたがコントロールする沼(Swamp)1つにつき、あなたのマナ・プールに(黒)を加える。


無垢の血/Innocent Bloodチェイナーの布告/Chainer's Edictもぎとり/Mutilateをフル投入したマス・デストラクション型が流行する。

陰謀団の貴重品室/Cabal Coffersからの大量マナにより、ミラーリ/Mirari次元の門/Planar Portalを有効利用できた。

とどめはミラーリ経由の堕落/Corrupt霊魂焼却/Soul Burn無垢の血/Innocent Bloodを減らして戦慄をなす者ヴィザラ/Visara the Dreadfulナントゥーコの影/Nantuko Shadeで押し切るタイプもある。また、相手次第では消えないこだま/Haunting Echoes投了に追い込むことも。

インベイジョン・ブロック期は、ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arenaカード引くアリーナドレイン。→*1

オンスロート・ブロックが入ると燻し/Smotherアンデッドの剣闘士/Undead Gladiatorが追加され、完成度が更に高まった。→*2

また、陰謀団の先手ブレイズ/Braids, Cabal Minionを主力にしたノワールも登場。


Braids, Cabal Minion / 陰謀団の先手ブレイズ (2)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) ミニオン(Minion)

各プレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーはアーティファクト1つかクリーチャー1体か土地1つを生け贄に捧げる。

2/2

[編集] スタンダード版

[編集] 後期型

ODY+ONS [2]
土地 (26)
23 沼/Swamp
3 陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers
クリーチャー (4)
2 アンデッドの剣闘士/Undead Gladiator
2 戦慄をなす者ヴィザラ/Visara the Dreadful
呪文 (30)
2 陰謀団式療法/Cabal Therapy
4 チェイナーの布告/Chainer's Edict
3 堕落/Corrupt
4 魔性の教示者/Diabolic Tutor
4 強迫/Duress
1 消えないこだま/Haunting Echoes
1 精神ヘドロ/Mind Sludge
1 ミラーリ/Mirari
4 もぎとり/Mutilate
2 占骨術/Skeletal Scrying
4 燻し/Smother
サイドボード (15)
1 堕落/Corrupt
3 墓生まれの詩神/Graveborn Muse
2 ラクァタスのチャンピオン/Laquatus's Champion
1 消えないこだま/Haunting Echoes
1 精神ヘドロ/Mind Sludge
4 ナントゥーコの影/Nantuko Shade
1 激浪の複製機/Riptide Replicator
2 萎縮した卑劣漢/Withered Wretch


[編集] 初期型

Mono-Black Control [3]
土地 (26)
3 陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers
23 沼/Swamp
クリーチャー (0)
呪文 (34)
2 頭の混乱/Addle
3 チェイナーの布告/Chainer's Edict
4 堕落/Corrupt
2 魔性の教示者/Diabolic Tutor
4 強迫/Duress
2 仕組まれた疫病/Engineered Plague
1 消えないこだま/Haunting Echoes
4 無垢の血/Innocent Blood
1 精神ヘドロ/Mind Sludge
3 もぎとり/Mutilate
4 ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena
1 次元の門/Planar Portal
3 霊魂焼却/Soul Burn
サイドボード (15)
2 頭の混乱/Addle
1 消えないこだま/Haunting Echoes
2 石臼/Millstone
4 ナントゥーコの影/Nantuko Shade
2 占骨術/Skeletal Scrying
3 殺戮/Slay
1 ヨーグモスの行動計画/Yawgmoth's Agenda


[編集] オデッセイ・ブロック構築版

ODY [4]
土地 (27)
23 沼/Swamp
4 陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers
クリーチャー (10)
4 ラクァタスのチャンピオン/Laquatus's Champion
4 ナントゥーコの影/Nantuko Shade
2 よろめく大群/Shambling Swarm
呪文 (23)
4 チェイナーの布告/Chainer's Edict
2 魔性の教示者/Diabolic Tutor
1 消えないこだま/Haunting Echoes
4 無垢の血/Innocent Blood
4 精神ヘドロ/Mind Sludge
1 病的な飢え/Morbid Hunger
3 もぎとり/Mutilate
1 腐臭の地/Rancid Earth
3 占骨術/Skeletal Scrying
サイドボード (15)
4 陰謀団の先手ブレイズ/Braids, Cabal Minion
3 催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend
1 病的な飢え/Morbid Hunger
1 もぎとり/Mutilate
3 腐臭の地/Rancid Earth
2 よろめく大群/Shambling Swarm
1 占骨術/Skeletal Scrying


[編集] マスクス・ブロック構築

メタゲームの中心にあるリベリオンへの対策として生まれたデッキで、大量のクリーチャー除去を有する。


Snuff Out / 殺し (3)(黒)
インスタント

あなたが沼(Swamp)をコントロールしている場合、あなたは、殺しのマナ・コストを支払うのではなく、4点のライフを支払うことを選んでもよい。
黒でないクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。それは再生できない。



Chilling Apparition / 冷たい亡霊 (2)(黒)
クリーチャー — スピリット(Spirit)

(黒):冷たい亡霊を再生する。
冷たい亡霊がプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーはカードを1枚捨てる。

1/1

対戦相手のクリーチャーは全て除去することが前提となるため、冷たい亡霊/Chilling Apparitionも充分な脅威となりうる。

フィニッシャーのたうつウンパス/Thrashing Wumpusなど。

[編集] サンプルレシピ

MMQ [5]
土地 (24)
16 沼/Swamp
7 平地/Plains
1 コーの安息所/Kor Haven
クリーチャー (13)
2 カテラン組合の奴隷商人/Cateran Slaver
4 冷たい亡霊/Chilling Apparition
3 原始のシャンブラー/Primeval Shambler
4 のたうつウンパス/Thrashing Wumpus
呪文 (23)
2 報いの波/Wave of Reckoning
3 恐喝/Extortion
3 強行軍/Forced March
4 解呪/Disenchant
4 暗黒の儀式/Dark Ritual
4 殺し/Snuff Out
3 破滅の印章/Seal of Doom
サイドボード (15)
1 カテラン組合の奴隷商人/Cateran Slaver
3 ディープウッドの使節/Deepwood Legate
1 旗艦プレデター/Predator, Flagship
2 報いの波/Wave of Reckoning
1 強行軍/Forced March
1 恐喝/Extortion
1 虐殺/Massacre
3 暴露/Unmask
2 浄化の印章/Seal of Cleansing


[編集] ウルザ・ブロック期

ウルザ・ブロックヨーグモスの意志/Yawgmoth's Will強迫/Duressなどのパワーカードを得たことにより、当時のスタンダードウルザ・ブロック構築で活躍した。


Yawgmoth's Will / ヨーグモスの意志 (2)(黒)
ソーサリー

ターン終了時まで、あなたは、あなたの墓地にあるカードをプレイしてもよい。
このターン、カードがいずれかの領域からあなたの墓地に置かれる場合、代わりにそのカードを追放する。



Duress / 強迫 (黒)
ソーサリー

対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分の手札を公開する。あなたはその中からクリーチャーでも土地でもないカードを1枚選ぶ。そのプレイヤーは、そのカードを捨てる。


厄介なパーマネントに対処可能な火薬樽/Powder Kegの存在も大きい。

これらの強化の恩恵を受けて、ネクロディスクも強化されている。

テンペスト・ブロック期には、死体のダンス/Corpse Danceヴォルラスの要塞/Volrath's Strongholdを利用しクリーチャー能力を使いまわす戦術が登場した。使いまわされるクリーチャーは貪欲なるネズミ/Ravenous Ratsファイレクシアの疫病王/Phyrexian Plaguelordなど。特にボトルのノーム/Bottle Gnomesをメインに回すタイプはダンシング・ノームと呼ばれる。


Corpse Dance / 死体のダンス (2)(黒)
インスタント

バイバック(2)(あなたがこの呪文を唱えるに際し、あなたは追加の(2)を支払ってもよい。そうした場合、その解決に際し、このカードをあなたの手札に加える。)
あなたの墓地にある一番上のクリーチャー・カード1枚を戦場に戻す。そのクリーチャーはターン終了時まで速攻を得る。次の終了ステップの開始時に、それを追放する。



Phyrexian Plaguelord / ファイレクシアの疫病王 (3)(黒)(黒)
クリーチャー — キャリアー(Carrier)

(T),ファイレクシアの疫病王を生け贄に捧げる:クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで-4/-4の修整を受ける。
クリーチャーを1体、生け贄に捧げる:クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで-1/-1の修整を受ける。

4/4

Jakub Slemr世界選手権99にこのデッキを持ち込み、スタンダード部門6戦全勝、総合ベスト8と輝かしい成績を残している(デッキリストWorld Championship Decks 1999を参照)。

マスクス・ブロック参入後には、吸血の教示者/Vampiric Tutorによるシルバーバレット戦略を基調としたフローレスブラックも登場する。


Vampiric Tutor / 吸血の教示者 (黒)
インスタント

あなたのライブラリーからカードを1枚探す。その後あなたのライブラリーを切り直し、そのカードをその一番上に置く。あなたは2点のライフを失う。


[編集] サンプルレシピ

USG [6]
土地 (22)
12 沼/Swamp
1 黄塵地帯/Dust Bowl
1 ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower
4 リシャーダの港/Rishadan Port
4 産卵池/Spawning Pool
クリーチャー (14)
2 デルレイッチ/Delraich
1 冥界のスピリット/Nether Spirit
3 ファイレクシアの疫病王/Phyrexian Plaguelord
2 センギアの従臣/Sengir Autocrat
4 のたうつウンパス/Thrashing Wumpus
2 マスティコア/Masticore
呪文 (25)
4 厳かなモノリス/Grim Monolith
1 ファイレクシアの処理装置/Phyrexian Processor
2 火薬樽/Powder Keg
2 摩滅したパワーストーン/Worn Powerstone
4 強迫/Duress
2 強行軍/Forced March
1 ヨーグモスの意志/Yawgmoth's Will
4 暗黒の儀式/Dark Ritual
1 急速な衰微/Rapid Decay
3 吸血の教示者/Vampiric Tutor
1 悪魔の隷従/Diabolic Servitude
サイドボード (15)
4 ファイレクシアの抹殺者/Phyrexian Negator
2 呪われたトーテム像/Cursed Totem
1 ファイレクシアの処理装置/Phyrexian Processor
1 スランのレンズ/Thran Lens
1 強行軍/Forced March
2 非業の死/Perish
2 夜の戦慄/Dread of Night
2 次元の狭間/Planar Void


[編集] ミラージュ・ブロック+テンペスト・ブロック期

第5版ネクロポーテンス/Necropotence再録されたためネクロディスクは健在。


Necropotence / ネクロポーテンス (黒)(黒)(黒)
エンチャント

あなたのドロー・ステップを飛ばす。
あなたがカードを捨てるたび、あなたの墓地にあるそのカードを追放する。
1点のライフを支払う:あなたのライブラリーの一番上のカードを裏向きのまま追放する。あなたの次の終了ステップの開始時に、そのカードをあなたの手札に加える。


また、1枚でいろいろなことができる悪疫/Poxを中心に作ったタイプも登場した。


Pox / 悪疫 (黒)(黒)(黒)
ソーサリー

各プレイヤーは、自分のライフの端数を切り上げた3分の1を失う。その後各プレイヤーは自分の手札にあるカードの端数を切り上げた3分の1を捨てる。その後各プレイヤーは自分がコントロールするクリーチャーの端数を切り上げた3分の1を生け贄に捧げる。その後各プレイヤーは自分がコントロールする土地の端数を切り上げた3分の1を生け贄に捧げる。


基本的戦略は、アドバンテージを生み出すカードを多用して相手より多くのリソースを展開し、自分のリソースが残る程度に悪疫/Pox唱え、残ったリソースか早いリカバリーによって勝利することである。

詳しくはシュナイダーポックスを参照。

[編集] アイスエイジ・ブロック期

最強クラスのドローエンジンであるネクロポーテンス/Necropotenceを利用したネクロディスク環境を真っに染め上げた(通称、ネクロの夏)。


Necropotence / ネクロポーテンス (黒)(黒)(黒)
エンチャント

あなたのドロー・ステップを飛ばす。
あなたがカードを捨てるたび、あなたの墓地にあるそのカードを追放する。
1点のライフを支払う:あなたのライブラリーの一番上のカードを裏向きのまま追放する。あなたの次の終了ステップの開始時に、そのカードをあなたの手札に加える。



Nevinyrral's Disk / ネビニラルの円盤 (4)
アーティファクト

ネビニラルの円盤はタップ状態で戦場に出る。
(1),(T):すべてのアーティファクトとすべてのクリーチャーとすべてのエンチャントを破壊する。


詳しくはネクロディスクを参照。

単純にネクロポーテンスで大量にカード引いハンド・アドバンテージを稼ぎ、危なくなったらネビニラルの円盤/Nevinyrral's Diskで戦場をリセットする。

[編集] エクステンデッド

エクステンデッドではネクロディスクが活躍していた。


Necropotence / ネクロポーテンス (黒)(黒)(黒)
エンチャント

あなたのドロー・ステップを飛ばす。
あなたがカードを捨てるたび、あなたの墓地にあるそのカードを追放する。
1点のライフを支払う:あなたのライブラリーの一番上のカードを裏向きのまま追放する。あなたの次の終了ステップの開始時に、そのカードをあなたの手札に加える。



Nevinyrral's Disk / ネビニラルの円盤 (4)
アーティファクト

ネビニラルの円盤はタップ状態で戦場に出る。
(1),(T):すべてのアーティファクトとすべてのクリーチャーとすべてのエンチャントを破壊する。


また、悪疫/Poxをメインにしたシュナイダーポックスも存在した。


Pox / 悪疫 (黒)(黒)(黒)
ソーサリー

各プレイヤーは、自分のライフの端数を切り上げた3分の1を失う。その後各プレイヤーは自分の手札にあるカードの端数を切り上げた3分の1を捨てる。その後各プレイヤーは自分がコントロールするクリーチャーの端数を切り上げた3分の1を生け贄に捧げる。その後各プレイヤーは自分がコントロールする土地の端数を切り上げた3分の1を生け贄に捧げる。


[編集] レガシー

レガシーでは、従来の黒コントロールにタッチしたTrain Wreckと呼ばれるデッキが存在する。


Pernicious Deed / 破滅的な行為 (1)(黒)(緑)
エンチャント

(X),破滅的な行為を生け贄に捧げる:点数で見たマナ・コストがX以下の、すべてのアーティファクトとすべてのクリーチャーとすべてのエンチャントを破壊する。



Helldozer / ヘルドーザー (3)(黒)(黒)(黒)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie) 巨人(Giant)

(黒)(黒)(黒),(T):土地1つを対象とし、それを破壊する。その土地が基本でなかった場合、ヘルドーザーをアンタップする。

6/5

用いられないこともあるが、フィニッシャーに据えられているヘルドーザー/Helldozerが特徴的。

詳しくはTrain Wreckを参照のこと。


また、旧エクステンデッドに存在したPoxも、さらなる改良が加えられて存在している。


Smallpox / 小悪疫 (黒)(黒)
ソーサリー

各プレイヤーは1点のライフを失い、カードを1枚捨て、クリーチャーを1体生け贄に捧げ、その後土地を1つ生け贄に捧げる。



Tombstalker / 墓忍び (6)(黒)(黒)
クリーチャー — デーモン(Demon)

飛行
探査(この呪文を唱える段階であなたがあなたの墓地から追放した各カードは、(1)を支払う。)

5/5

詳しくはPoxを参照のこと。

[編集] Pauper

CIP持ちクリーチャーを多く搭載したアドバンテージ重視型のコントロールデッキが存在する。


Chittering Rats / 騒がしいネズミ (1)(黒)(黒)
クリーチャー — ネズミ(Rat)

騒がしいネズミが戦場に出たとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分の手札のカードを1枚、自分のライブラリーの一番上に置く。

2/2


Gray Merchant of Asphodel / アスフォデルの灰色商人 (3)(黒)(黒)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie)

アスフォデルの灰色商人が戦場に出たとき、各対戦相手はそれぞれX点のライフを失う。Xは、あなたの黒への信心に等しい。あなたはこれにより失われたライフに等しい点数のライフを得る。(あなたの黒への信心は、あなたがコントロールするパーマネントのマナ・コストに含まれる(黒)の数に等しい。)

2/4

騒がしいネズミ/Chittering Ratsファイレクシアの憤怒鬼/Phyrexian Ragerなどのアドバンテージを稼げるCIP持ちクリーチャーに、墓所のネズミ/Crypt Ratsによる全体除去血の署名/Sign in Bloodによるドローティム能力を持つクォムバッジの魔女/Cuombajj Witchesなどを用いて様々な形でアドバンテージを取りに行く構成が特徴。それを多くの単体除去で補う形になっている。

ライフロスが激しい上、ダメージソースがクリーチャーの攻撃だけではデッキとしての線があまりにも細いため、プレイヤー対象に取れるドレインカードが追加の勝ち手段として用いられる。以前は堕落/Corruptが最有力であったが、テーロス以降はCIP持ちクリーチャーなどで稼いだ信心を利用できるアスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodelが重視されるようになった。信心を増やしながら相手のクリーチャーを除去できるカードとしてクォムバッジの魔女/Cuombajj WitchesOublietteが重視される。そちらは黒単信心を参照。

黎明期にはビートダウンへの強さからメタの中心にいたデッキ。その後は夜の犠牲/Victim of Nightゲスの評決/Geth's Verdictなど優秀な除去を獲得してはいたものの、他のデッキの強化や新しいデッキの成立に比べ相対的に弱体化していった。テーロス以降は禁止改定により苦手なデッキが消滅・弱体化したこともありトップメタの一角に返り咲いている。

[編集] 初期型

Mono Black Control(Pauper) [7]
土地 (24)
2 やせた原野/Barren Moor
1 山/Mountain
17 沼/Swamp
4 広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse
クリーチャー (16)
4 騒がしいネズミ/Chittering Rats
4 墓所のネズミ/Crypt Rats
4 ファイレクシアの憤怒鬼/Phyrexian Rager
2 よじれた嫌悪者/Twisted Abomination
2 巣穴のこそ泥/Warren Pilferers
呪文 (20)
2 堕落/Corrupt
4 悪魔の布告/Diabolic Edict
1 無残な収穫/Grim Harvest
3 無垢の血/Innocent Blood
4 血の署名/Sign in Blood
3 絞殺の煤/Strangling Soot
3 堕落の触手/Tendrils of Corruption
サイドボード (15)
1 破滅の刃/Doom Blade
4 強迫/Duress
4 吐き気/Nausea
2 大牙の衆の忍び/Okiba-Gang Shinobi
1 絞殺の煤/Strangling Soot
3 荷降ろし/Unburden


[編集] テーロス参入直前

Mono Black Control(Pauper) [8]
土地 (22)
4 やせた原野/Barren Moor
1 ボジューカの沼/Bojuka Bog
1 汚染されたぬかるみ/Polluted Mire
16 沼/Swamp
クリーチャー (16)
2 髑髏の占い師/Augur of Skulls
4 騒がしいネズミ/Chittering Rats
2 クォムバッジの魔女/Cuombajj Witches
4 グール起こし/Ghoulraiser
4 ファイレクシアの憤怒鬼/Phyrexian Rager
呪文 (22)
1 死の重み/Dead Weight
3 見栄え損ない/Disfigure
4 ゲスの評決/Geth's Verdict
3 名も無き転置/Nameless Inversion
4 血の署名/Sign in Blood
1 闇の旋動/Spinning Darkness
1 堕落の触手/Tendrils of Corruption
3 発掘/Unearth
2 夜の犠牲/Victim of Night
サイドボード (15)
1 グールの解体人/Butcher Ghoul
4 押し寄せる砂/Choking Sands
1 クォムバッジの魔女/Cuombajj Witches
3 悪魔の布告/Diabolic Edict
1 強迫/Duress
1 無垢の血/Innocent Blood
2 大牙の衆の忍び/Okiba-Gang Shinobi
2 腐臭の地/Rancid Earth


[編集] 黎明期

精神錯乱/Mind Twistなどで手札破壊拷問台/The Rackダメージを与える黒き拷問台が存在。


The Rack / 拷問台 (1)
アーティファクト

拷問台が戦場に出るに際し、対戦相手を1人選ぶ。
選ばれたプレイヤーのアップキープの開始時に、拷問台はそのプレイヤーにX点のダメージを与える。Xは、3引くそのプレイヤーの手札の枚数である。



Mind Twist / 精神錯乱 (X)(黒)
ソーサリー

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、カードをX枚、無作為に選んで捨てる。


[編集] 参考

QR Code.gif