構築

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

構築は、

  1. デッキを作ること。「デッキを構築する」「構築理論」など。マジック以外のTCGでも広く使われている。
  2. 構築戦。構築デッキ戦。それぞれが自分の用意したデッキでゲームを行う方式。こちらは、リミテッドのあるマジックならではの呼び方。MTG Wikiにおいてはこの意味で使われていることが多い。
  3. トーナメントにおける、フォーマットの総称。以下に記す。

[編集] トーナメントにおいて

構築/Constructedは、スタンダードモダンブロック構築の3つのフォーマットを合わせた総称。

スタンダードでは、1年に1度(2015年-2016年春までは1年に2度)古いカードセットが使えなくなる(通称ローテーション)。古いカードが使えなくなることを「落ちる」と俗称することが多い。

モダンとブロック構築では、カードセットが使えなくなるということはない。ただ、アイスエイジ・ブロック構築では例外的に、コールドスナップが参入するのに伴いホームランドが使用できなくなった。

  • エターナル環境のデッキを作ることも「構築する」と言うが、トーナメントの「構築」環境はエターナルとは区別されている。
  • 古いブロックのブロック構築が認定大会で行われることは非常にまれなので、新しいブロックが出ると使う頻度は減ってしまう。
  • かつてはエクステンデッドも構築に含まれていたが、廃止に伴い2014年2月7日付けでマジック・イベント規定からも記載が削除された。

[編集] 参考

QR Code.gif