悪疫/Pox

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Pox / 悪疫 (黒)(黒)(黒)
ソーサリー

各プレイヤーは、自分のライフの端数を切り上げた3分の1を失う。その後各プレイヤーは自分の手札にあるカードの端数を切り上げた3分の1を捨てる。その後各プレイヤーは自分がコントロールするクリーチャーの端数を切り上げた3分の1を生け贄に捧げる。その後各プレイヤーは自分がコントロールする土地の端数を切り上げた3分の1を生け贄に捧げる。


アイスエイジ初出、第5版再録されたかなり奇妙なコントロール呪文ネクロポーテンス/Necropotenceとは同期のトリプルシンボルカードである。

このカードの特徴は、たった1枚でライフロス手札破壊、(複数)クリーチャー除去、(複数)土地破壊が行えること。以上の4つの事が、解決と同時に独立のイベントとして順に行われる。3マナで多くの事をこなせるため、様々な方法で使用を試みられ、このカードを十分に活用したシュナイダーポックスなどといったデッキが誕生した。

しかし、結局2/3は残る上に、除去する手札・クリーチャー・土地の選択は各プレイヤーが任意で行うため、対戦相手の戦力を根絶できず、決め手に欠けるという欠点がある。このカードを使って引き合戦に持ち込んだものの、対戦相手が先にリカバーし、自分はガタガタの状態のまま敗北することもしばしばあった。またの特徴として、アーティファクトエンチャントには手を出せず、生け贄に捧げさせることはできない。いかにも黒らしい弱点ではあるが、それを逆手にとって自分のリソースを確保するという手もある。

[編集] 参考

QR Code.gif