致命的な一押し/Fatal Push

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Fatal Push / 致命的な一押し (黒)
インスタント

クリーチャー1体を対象とし、それの点数で見たマナ・コストが2以下であるなら、それを破壊する。
紛争 ― このターンにあなたがコントロールするパーマネントが戦場を離れていたなら、代わりに、そのクリーチャーの点数で見たマナ・コストが4以下であるなら、それを破壊する。


通常では2マナ以下、紛争を達成すれば4マナまで圏内に入るクリーチャー除去。過去のカードで見れば燻し/Smotherのバリエーションと言える。

若干の制限こそあるが、1マナのインスタントにしてP/Tなどを問わず代償となるペナルティなども設定されていないという扱いやすさは大きな魅力。紛争を満たしやすいようにデッキを工夫して使いたいのは当然としても、紛争を達成しなくてもキランの真意号/Heart of Kiran巻きつき蛇/Winding Constrictorなど即座に除去したいような強力カードも十分射程圏内に入っており、汎用性が高い。5マナ以上のクリーチャーには手出しできない欠点はあるが、デッキ構築プレイングで十分カバーできる。

スタンダードではマルドゥ機体黒緑ビートダウンなど、が含まれるデッキではほぼ必ず採用される。上記の通り大型クリーチャーには隙があるため、メインデッキに何枚投入するかはメタの読みどころである。

モダン以下のフォーマットでは、スタンダード以上に活躍の機会は多い。フェッチランドの存在により紛争の達成が非常に容易であることに加え、強力な低マナ・コスト域のクリーチャーが豊富に存在するためである。特にモダンにおいては同時期に死の影系のデッキが隆盛したこともあり、それまでの除去の基準である稲妻/Lightning Boltよりも優先して採用されることも多い。似たような性質の突然の衰微/Abrupt Decayの存在も相まって「高コストであることは除去耐性である」という価値基準さえ生まれるほどに環境全体に影響を与えている。

[編集] 脚注

  1. モダンに狙いを向ける(Latest Developments 2017年1月20日 Sam Stoddard著)
  2. Modern Jund Deck Guide By Reid Duke // 1 Jun, 2017Channel Fireball 2017年6月1日 Reid Duke著)
  3. 7月~9月のフライデー・ナイト・マジック プロモカード更新(News 2017年5月22日 Blake Rasmussen著)

[編集] 参考

QR Code.gif