ティム

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ティム(Tim)は、放蕩魔術師/Prodigal Sorcererおよび、それに類するカードの俗称開発部用語である。


Prodigal Sorcerer / 放蕩魔術師 (2)(青)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

(T):クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。放蕩魔術師はそれに1点のダメージを与える。

1/1

[編集] 由来

映画『モンティ・パイソン&ホーリーグレイル』に登場する「魔法使いティム」が語源。第6版まで(もしくはタイムシフトされた時のらせん)のイラストが「魔法使いティム」に似ていることに由来する。また、同映画にて、彼が指差す先が次々と爆発するシーンがあり、このシーンが放蕩魔術師/Prodigal Sorcerer能力のイメージと一致するところも由来の1つであろう。

  • 公式記事「Tom-Shifted」でもネタになっている(このページの角を生やした男が映画の「魔法使いティム」)。
  • 「魔法使いティム」とは全然似ていない、という意見もあり、定かではない。映画のティムに似ているのはどちらかといえば羊術師/Ovinomancerであるとも。

[編集] その他

転じて、対象ダメージを与える能力を持つパーマネントカードの俗称としても使われている。

大抵の場合は、(T):で1点のダメージを与える起動型能力を持つものを指す。起動コストが違ったり、ダメージが2点以上であったり、誘発型能力であったりという例外もある。

ティム能力は、当初はその由来通りの能力とされていたが、色の役割の変更によりに移った。2001年アポカリプスで登場したカミソリひれのハンター/Razorfin Hunterは、ちょうどその過渡期にあった青赤のカードである。その後いくつかの亜種を経て、2006年次元の混乱タイムシフトではついに放蕩魔術師がそのまま赤になった放蕩紅蓮術士/Prodigal Pyromancerが登場した。彼は「Tom」と呼ばれる。

クリーチャーにティム能力を与えるカードも多い。錬金術の研究/Hermetic Study炎の鞭/Fire Whipヴィリジアンの長弓/Viridian Longbowなどはその代表。

ティムに接死を持たせる、接死ティムというコンボおよびデッキもある。

[編集] 参考

QR Code.gif