提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

/Greenマジック:ザ・ギャザリングにおけるの1つ。略号はG


Llanowar Elves / ラノワールのエルフ (緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid)

(T):あなたのマナ・プールに(緑)を加える。

1/1


Thorn Elemental / 茨の精霊 (5)(緑)(緑)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental)

あなたは「茨の精霊は、それがブロックされなかったかのようにその戦闘ダメージを割り振られる」ことを選んでもよい。

7/7


Giant Growth / 巨大化 (緑)
インスタント

クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで+3/+3の修整を受ける。


[編集] 色の特徴

自然と生命の色であり、からマナを引き出しエルフハイドラ召喚する。友好色とし、対抗色とする。

緑が表すものとして、誕生、成長、現実、共同体、相互依存、心霊主義、過去、知恵、家系、伝統、本能、動物、植物などがある。

[編集] 色の役割

マナ加速クリーチャー以外のパーマネント破壊コスト・パフォーマンスの優れた大型クリーチャーが特徴。特に~大型クリーチャーの性能の高さは他の色の追随を許さない。回避などは意識せず、クリーチャー同士の正面衝突に持ち込み、強引に戦闘ダメージプレイヤーにねじ込むのが基本的な戦法。

クリーチャーの得意なキーワード能力トランプルを第一に、接死呪禁速攻破壊不能到達警戒飛行を持つカードは少なく、むしろ除去対象でさえある。回避能力として「飛行を持つクリーチャー以外にはブロックされない」を持つ。P/Tに関しては同じマナ域でも他の色より一回り大きなサイズを誇る。クリーチャー・タイプは、種族ではエルフ、ケンタウルス植物ビーストワーム、ハイドラなど、職業ではドルイドシャーマンスカウトが象徴的。

クリーチャーの強化も得意。巨大化/Giant Growthのようなコンバットトリックとなる一時的な強化と、+1/+1カウンターによる永続的な強化の両方をこなす。

エンチャント誘発条件になったり、数を参照するシナジーを形成したりなど協力関係を持つ反面、破壊する事にも長ける二面性を持つ。

アーティファクトは人工物を嫌う性質から壊すのが主。基本的にシナジーを形成しない。

土地サーチする手段が豊富にある。また、土地の数を参照したり、土地をクリーチャー化させたりと土地は非常に強い結びつきがある。土地破壊も赤に続いて2番手の役割。

マナの扱いについては5色の中で最も得意であり、前述の土地サーチ、マナ・クリーチャーによるマナ加速に加え、好きな色のマナを出せるカードが多く多色デッキを組む際は緑を入れると安定した動きになる。

ライフ回復墓地に落ちたカードの回収などにも長けている。この回収効果はカード・タイプを問わない場合が多いので、汎用性が極めて高い。また、に続いてカードのドローが得意。その多くがクリーチャーと関係しており、また、何らかの行動に誘発してドローできるものが多い。

クリーチャー除去格闘か、接死、ブロック強制などクリーチャーを前提としたものとなる。ただし飛行を持つクリーチャーに対しては直接除去や火力が存在する。

クリーチャー以外のパーマネントの除去は得意。帰化/Naturalize忍び寄るカビ/Creeping Mold茨潰し/Bramblecrushのような複数のタイプに効果のあるカードが定番であり、腐りにくいのが魅力。

[編集] 色の役割の変更

[編集] 参考

単色 - - - -
多色
()
2色 友好色白青 - 青黒 - 黒赤 - 赤緑 - 緑白
対抗色白黒 - 青赤 - 黒緑 - 赤白 - 緑青
3色 弧(こ)白青黒 - 青黒赤 - 黒赤緑 - 赤緑白 - 緑白青
楔(くさび)白黒赤 - 青赤緑 - 黒緑白 - 赤白青 - 緑青黒
4色 白青黒赤 - 青黒赤緑 - 黒赤緑白 - 赤緑白青 - 緑白青黒
5色 白青黒赤緑
銀枠専用 ピンク - 目の色
色の関係 色の組み合わせ - 友好色 - 対抗色 - カラーパイ - 色の役割
関連項目 無色 - 有色 - 単色カード - 多色カード - 色指標 - 固有色 - デッキカラー
QR Code.gif