マスクス・ブロック

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マスクス・ブロック/Masques Blockは、メルカディアン・マスクスネメシスプロフェシーの3つのセットからなるブロック。別名マスカレイド・サイクルマスカレード・サイクルMasquerade Cycle)。Masqueradeとは仮面舞踏会のことである。

セット名 略号 発売日 セット枚数 製品情報(WotC) カードリスト(Wisdom Guild)
メルカディアン・マスクス/Mercadian Masques MM,MMQ 1999年10月 350枚 製品情報 カードリスト
ネメシス/Nemesis NE,NEM 2000年2月 143枚 製品情報 カードリスト
プロフェシー/Prophecy PR,PCY 2000年6月 143枚 製品情報 カードリスト

[編集] 概要

テンペスト・ブロックに引き続き「ウェザーライト・サーガ」が描かれる。各エキスパンションで同時期の別々の次元/Planeが舞台となっており、メルカディアン・マスクスではメルカディア/Mercadiaに到着した飛翔艦ウェザーライト/Weatherlight一行を、ネメシスでは一行を取り逃がした後のラース/Rathを、プロフェシーではその頃にドミナリア/Dominariaで起こっていた戦争の様子を描く。

テンペスト・ブロックウルザ・ブロックが壊れすぎていたためか全体的に弱めに見られているが、実際にはピッチスペルなどのバランスの取れた良カードが多く、エキスパンションとしての完成度はむしろ高い方である。だがプロフェシーは「最後のエキスパンションは強い」というジンクスを破ってしまったほど明らかに弱かった。逆にネメシスは消散をはじめとして、比較的強力なカードが揃っている。

ブロック固有のキーワード能力は消散のみ。しかも登場は小型エキスパンションであるネメシスのみである。その代わり、レベル傭兵スペルシェイパーといったクリーチャー群オールプレイ能力リスティックインスタントメント、ピッチスペルなどなど、キーワードが使われていなくとも特徴的なカードが数多く作られており、またサイクルを成すカードも多い。現在であれば、いくつかの能力能力語として登場していたかもしれない。

このブロックとウルザ・ブロックからなる当時のスタンダードマスクス・ブロック構築はまさに「単色の時代」であった。理由としては、以下が挙げられる。

このため「デッキの使用率=色そのものの使用率」という法則ができてしまい、日本選手権00では「山/Mountainよりもリシャーダの港の方が多い」という事態を引き起こす結果となってしまった。

[編集] 参考

QR Code.gif