原初の死、テジマク/Tetzimoc, Primal Death

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Tetzimoc, Primal Death / 原初の死、テジマク (4)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー — エルダー(Elder) 恐竜(Dinosaur)

接死
(黒),あなたの手札から原初の死、テジマクを公開する:クリーチャー1体を対象とし、それの上に(prey)・カウンターを1個置く。この能力は、あなたのターンの間にのみ起動できる。
原初の死、テジマクが戦場に出たとき、対戦相手がコントロールしていて・カウンターが置かれている各クリーチャーを破壊する。

6/6

未評価カードです
このカード「原初の死、テジマク/Tetzimoc, Primal Death」はまだカード個別の評価が行われていません。評価の執筆をして下さる方を求めています。
  • 評価を追加する前に、必ずMTG Wiki:利用者への呼びかけを熟読してください。
  • 「酷評のみ」、または「極端に短い文章だけ」や「見たままを書いただけ」の評価は禁止されています。
  • 各種用語(「クリーチャー」「除去」など(詳しくは用語集を参照))には[[]]でリンクを張ってください。自動では付きません。同じ語は貼らなくてもかまいません。
  • 評価を追加した後は、このテンプレートは削除しておいてください。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

イクサランの相克エルダー恐竜サイクル。いずれも伝説のクリーチャーレアの各に1枚ずつ存在するほか、多色にも神話レア原初の災厄、ザカマ/Zacama, Primal Calamityが存在する。

イクサランを補完するために、イクサランの相克では主要四大部族を強化するカードを収録する必要性があった。その内恐竜について、各陣営ごとに設定された固有色の縛りを曲げる、メガサウルス/Megasaursという巨大恐竜のサイクルが提唱された。陣営を成立させるためのそれに例外を設ける事への懸念や抵抗もあったが、クリエイティブ・チームはそれらをエルダー・恐竜にするというアイデアを返し、議論の末収録の運びとなった(The Arrival of Rivals/『イクサランの相克』の時刻)。

[編集] ストーリー

テジマク/Tetzimocは、オラーズカ/Orazcaとともに長い眠りについていた古の恐竜の1体。四足歩行で、全身に無数の棘が生えている(イラスト)。黒マナと、死の飽くなき飢えの体現である。

[編集] 登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif