フラッシュバック

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
フラッシュバック/Flashback
種別 常在型能力
登場セット オデッセイ・ブロック
時のらせん
未来予知
イニストラード
闇の隆盛
CR CR:702.33

フラッシュバック/Flashbackは、オデッセイ・ブロックで登場し、時のらせんブロックイニストラード・ブロックで再登場したキーワード能力インスタントソーサリーが持つ、それを持つカード墓地にある間と、スタックにある間に機能する2つの常在型能力(後者は置換効果)からなる。


Roar of the Wurm / ワームの咆哮 (6)(緑)
ソーサリー

緑の6/6のワーム(Wurm)・クリーチャー・トークンを1体生成する。
フラッシュバック(3)(緑)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)


[編集] 定義

フラッシュバック [コスト]/Flashback [コスト]は以下の2つの能力からなる。

[編集] 解説

フラッシュバック・コストを支払うことで、墓地から1回だけ唱えることができる能力である。通常通り手札から唱えることもできるため、1枚で2回唱えることが可能となる。

フラッシュバック・コストは通常のマナ・コストより割高に設定されている場合が多いが、中にはワームの咆哮/Roar of the Wurmのようにフラッシュバック・コストの方が軽いものも存在する。オデッセイのフラッシュバック呪文はマナのみを要求していたが、トーメントでマナとライフを要求するものが登場し、ジャッジメントでは、タップ生け贄など様々なコストを要求するものが登場した。

その性質上カード・アドバンテージを得やすい能力であり、獣群の呼び声/Call of the Herd綿密な分析/Deep Analysis炎の稲妻/Fireboltなど、人気カードも多い。

[編集] ルール

  • フラッシュバックで唱えた際にそのコストにXが含まれる場合、Xはフラッシュバック・コストとして支払った値をとる。手札から唱えるときとフラッシュバックで唱えるときでXの支払い方が異なる場合も同様。
  • 「このカードがスタックから離れる場合、追放する」なので、打ち消された場合などにも追放される。
    • 記憶の欠落/Memory Lapse差し戻し/Remandなどの、「打ち消したカードを墓地以外に置く」呪文で打ち消しても、結果的に追放される。記憶の欠落や差し戻しの置換効果自己置換効果)が先に適用されてカードの行き先を墓地からライブラリーの一番上手札に変更するが、依然として「追放領域以外に移動する」ことに変わりないため、次に適用されるフラッシュバックの置換で行き先が追放領域に変更される。
      • 勘違いされることがあるが、「フラッシュバックで追放するのは自己置換効果であり、記憶の欠落など通常の置換効果より先に適用されるから」という理由ではない。これには二重の誤りがある。フラッシュバックの置換は自己置換効果ではないし、逆に記憶の欠落などの置換は自己置換効果である。よって実際には必ずフラッシュバックの置換が後に適用される。
  • 「他の場所に移動させる代わりに追放する」ため、元々追放領域に移動しようとしていた場合は置換しない。
  • 墓地対策カードによって対策をする際には注意が必要。例えば、アクティブ・プレイヤー炎の稲妻/Fireboltを唱え、解決後に優先権を得てすぐにそれをフラッシュバックで唱えた場合、対戦相手がそれを死体焼却/Cremateで追放するチャンスは無い。

[編集] その他

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif