骨読み/Read the Bones

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Read the Bones / 骨読み (2)(黒)
ソーサリー

占術2を行い、その後カードを2枚引く。あなたは2点のライフを失う。(占術2を行うには、あなたのライブラリーの一番上から2枚のカードを見て、そのうちの望む枚数のカードを望む順番であなたのライブラリーの一番下に置き、残りを望む順番で一番上に置く。)


最初に占術2を行うようになった夜の囁き/Night's Whisper

1マナ重くなったためにウィニー系のデッキでは負担が大きくなったが、占術によって最大4枚分のライブラリーを掘れるため、特定のコンボパーツフィニッシャーなどを引きあてる目的で使うならば便利。

を含まない系のミッドレンジコントロールデッキでは重宝する。登場直後のスタンダードでは地下世界の人脈/Underworld Connectionsが優先されることが多かったが、そちらがローテーション落ちてからはアブザンコントロールなどでよく使われている。マジック・オリジン再録されたためテーロス・ブロックが落ちてからもスタンダードに続投したが、今度は苦い真理/Painful Truthsが優先される事になった。イニストラードを覆う影ブロック参入後は苦い真理の確実性が落ちたため、デッキに共存するようになる。

[編集] 参考

QR Code.gif