強迫/Duress

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Duress / 強迫 (黒)
ソーサリー

対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分の手札を公開する。あなたはその中からクリーチャーでも土地でもないカードを1枚選ぶ。そのプレイヤーは、そのカードを捨てる。


ウルザズ・サーガに登場した手札破壊カードの代表格。1マナクリーチャーおよび土地以外のカード1枚を選んで捨てさせることができる。

様々な環境において手札破壊の定番として活躍した。黒マナ1つのみで唱えられるため、対戦相手が何かし始める前に1ターン目からいきなり使用できるのが強み。エンチャントアーティファクトといった、にとってパーマネントとなっては対処できないカードをピンポイントで墓地送りにできるのは心強い。また非パーマネントでもカウンター除去火力などを落とせるので、フィニッシャー戦場に出す際やコンボの始動時などの安全確認や、暗黒の儀式/Dark Ritualからのスタートダッシュのサポートなどにも力を発揮する。基本セット2010での再録時にはさらにプレインズウォーカーへの対策にもなるためますます重要度が上がった。

また「対戦相手の手札見られる」という点も重要。手札の内容から、相手が使っているデッキを見抜けるうえ、その先の数ターンぶんの展開も推測できるだろう。この「情報アドバンテージ」は、特に何人もの初対面の対戦相手とゲームをすることになるトーナメントでは小さくない利点となる。

エターナル環境には、1マナの手札破壊には他に陰謀団式療法/Cabal Therapy思考囲い/Thoughtseizeコジレックの審問/Inquisition of Kozilekがあるため、デッキの構成とメタによって使い分けられることとなる。当然、併用される事も多い。

  • 第7版で再録された当時は、同様に非常に強力な手札破壊の陰謀団式療法と抜群の相性を誇り、これらを4枚ずつ投入したデッキは「8デュレス」などと呼ばれた。その後、ローウィンで思考囲いが登場し、「12デュレス」が可能となっている(この3種類が併用される事は少ないが)。
  • 緑単色デッキゴブリン相手だと、手札がクリーチャーと土地だけということが多く、効果が薄い。
  • クリーチャーを選べないのは欠点であるが、黒は除去が強いためあまり気にならない。ただし被覆持ちなど、除去に強いクリーチャーが環境に豊富にいる場合は問題になるだろう。
  • 同じ手札破壊カードに脅迫状/Blackmailがあるが、こちらは「強迫」でなく「脅迫」。意味もそこまで離れてはいないが、「脅迫」はおどすこと、「強迫」は無理強いすることである。混同しないように注意したい。
  • ディヴァインvsデモニックSteven Belledinによる新規イラストで収録された。このイラストは、基本セット2010~基本セット2014の再録でも使われている。

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

1マナで特定の条件のカード捨てさせる呪文

土地以外の好きなカードを選んで捨てさせる事ができる亜種は困窮/Distressの項を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif