アドバンテージ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

アドバンテージAdvantage)とは日本語で優位性とも言い、リソースの個々の要素について相手よりも、いい状態、状況を指す言葉。簡単にいうと損得の勘定のこと。対義語はディスアドバンテージ。アドバンテージの積み重ねが勝利につながるマジックにおいて重視される理論である。

などに分かれる。

  • 初期のころは異様にライフ・アドバンテージが重視されたようだが、近年では一般的に最も重要なのはカード・アドバンテージテンポ・アドバンテージとされている。
    • かつてはライフが少し下がるとあっという間に焼かれるということも少なくなく、生存率の向上・対戦相手のライフ計算を狂わせる意味で、ライフ・アドバンテージを重視する考えの人も多かった。比較的環境が遅くなってきたこともあり、1対多の交換を繰り返していれば勝利に結びつき易いため、必然的にテンポやカード・アドバンテージを求めるようになってきたと言える。
  • 単に「アドバンテージ」と言う場合、俗語としては「カード・アドバンテージ」を指す事が多い。
  • 「マインド・アドバンテージ」というジョーク(?)もある。意表をついたりプレッシャーをかけたりすることによる精神的な優位のこと。無論、実際には何のアドバンテージにもなっていないが、相手のミスプレイを誘う事でなんらかのアドバンテージに繋がる場合もある。(→ブラフ)

[編集] 参考

QR Code.gif