火力

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

火力(Burn)は、クリーチャープレイヤーに直接ダメージ与える呪文の俗称である。


Shock / ショック (赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。ショックはそれに2点のダメージを与える。


[編集] 解説

色の役割としてはが最も得意とされ、多くの種類が存在する。火力という呼び方も赤のイメージからきているが、直接ダメージを与える呪文であれば、他のであってもこう呼ばれることがある。除去として有用であるため、リミテッドでは特に重宝される。また、これを大量投入したデッキバーンと呼ぶ。

赤の火力のイメージには地震火炎電撃溶岩岩石大きい音などがある。

火力の半分以上はである。次点がで、回復を伴いドレインになっていることも多い。にも存在するが、ほとんどが飛行対策カード。戦闘に参加しているクリーチャー限定(レンジストライク)で、特に攻撃クリーチャー用が多い。は黎明期のもの(放蕩魔術師/Prodigal Sorcerer心霊破/Psionic Blastなど)が少数あるのみで、色の役割が整理されてからは全くと言っていいほど作られていない。

[編集] 代表的な火力

マジックには多数の火力が存在するが、その中にはコスト効果が似通ったグループが存在する。このページではそれらのグループの中で基本的なもの、あるいは特に知名度が高いものを挙げる。各グループの詳しいリストについてはそれぞれのページの関連カードの節を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif