ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Vraska's Contempt / ヴラスカの侮辱 (2)(黒)(黒)
インスタント

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とし、それを追放する。あなたは2点のライフを得る。


英雄の破滅/Hero's Downfallの亜種。1マナ重くなった代わりに、破壊ではなく追放するようになり、ライフ回復のおまけが付いた。

単体除去呪文としては4マナはやや重いが、 コントロールで使うなら除去としての確実性が上がったのは悪くない。おまけのようなライフ回復も対ビートダウンにおける時間稼ぎとして有用。他方、ビートダウンで使うにはやはり4マナというテンポロスが痛い。総じて、英雄の破滅よりもよりコントロール向けの1枚となっている。

登場時のスタンダードでは青黒コントロールなど、様々なデッキで複数枚投入される。イクサランスタンダードで共存するカラデシュ・ブロックにはソーサリー除去が通用しない機体が、直前のアモンケット・ブロックには各種の不朽永遠持ちなど破壊が有効でないクリーチャーが多数存在しており、それら全てに対応できるのが環境的に優秀。ライフ回復の方もラムナプ・レッドのようなアグロに対しては侮れない効果がある。を併用する場合、奔流の機械巨人/Torrential Gearhulkで使いまわせるのも見逃せない利点。

[編集] ストーリー

イクサラン注目のストーリーの2枚目。

ヴラスカ/Vraskaニコル・ボーラス/Nicol Bolasの依頼を受け、イクサラン/Ixalan海賊船「喧嘩腰」号/The Belligerentの船長となり黄金都市オラーズカ/Orazcaを目指していた。ある日無人島で記憶を失って倒れていたジェイス・ベレレン/Jace Belerenを発見し、乗組員に加える。その後、「喧嘩腰」号は薄暮の軍団/The Legion of Duskの船を襲撃し、船長の吸血鬼/Vampireはヴラスカが自ら石に変えた(イラスト[1]

一睨みで人を石に変える新船長の話題が、孤高街のどの酒場でも囁かれるようになるまで、長くはかからなかった。

[編集] 脚注

  1. The Talented Captain Vraska/敏腕船長ヴラスカ(Magic Story 2017年9月20日 R&D Narrative Team著)

[編集] 参考

QR Code.gif