第6版

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

第6版クラシック、英:Sixth EditionCLASSIC、略号:6E6ED)は、6番目の基本セット。収録カード数は全350種類(基本土地の絵違い含む)で、1999年4月28日に発売が開始された。

エキスパンション・シンボルはローマ数字の6(「Ⅵ」)。

"Classic"は「古典」の意。

目次

[編集] 概要

史上6番目の基本セット。基本セットとしては唯一タイトルが与えられており、『クラシック(CLASSIC)』とも呼ばれる。

基本セット=初心者向けカードセット」の方針を決定づけたセットであり、トランプルプロテクションランページバンドなど、初心者の混乱を招きがちな効果を持つカードは軒並み除外され、土地渡りにも注釈文が与えられた。また、これ以降の基本セットには基本セット2012マナリス/Manalithが収録されるまでの間、コモンアーティファクトが収録されていない。

収録されたカードは主にアイスエイジ・ブロックミラージュ・ブロックから再録され、後に禁止制限を受けることとなる各種教示者や、当時既にヴィンテージ制限カードとなっていた回想/Recallなどの強力なカードも収録された。また、このセットに収録されたゴブリン徴募兵/Goblin Recruiterは、後にゴブリンの凶悪化によりエクステンデッドで禁止されている。

[編集] ルールの変更

『第6版』の登場に伴って、過去最大規模のルール変更が行われ、現在まで使われているルールがほぼ完成した。具体的には以下のような変更が行われた。

呪文や能力の処理手順に関係するルールの変更

その他

また、一部のカード空飛ぶ絨毯/Flying Carpet城壁/Castle)の機能が変更された。

あまりに変更点が多かったため、古いカードオラクル修正が間に合わず、特に非スタンダード環境で様々な混乱が生じた。中にはPhyrexian Devourerなど、想定外に強力な使い方のできるカードも発生し、多くのエラッタが出された。

[編集] その他

  • 2種類のマナを生み出すことができる土地文章欄が、それらの色で半々に色付けされるようになった。

[編集] パッケージ・イラスト

ブースターパックのパッケージ・イラストには大天使/Archangelエルフの射手/Elvish Archers怒り狂うゴブリン/Raging Goblinのために描かれたと思われるイラストが採用されているが、実際のカードにこれらのイラストは使われていない。

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif