森勝洋

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

森 勝洋(もり かつひろ)は、日本のマジックプレイヤー。古くからのプレイヤーからは「モリカツ」、親しい仲間からは「かっちん」という愛称で親しまれている。Hareruya Pros所属。

目次

[編集] 概要

高校生の時にThe Finals99で上位4位に入賞し、強豪に名を連ねることになった。

当初はチーム戦で目覚しい活躍を見せ、藤田修石田格と結成した「アンチャンズ」でグランプリ台北01準優勝、森田雅彦黒田正城と結成した「P.S.2(Poor Shark 2)」ではマスターズヴェニス03優勝に加え、グランプリ名古屋02グランプリ大阪05の国内チーム戦グランプリを連覇している。上記のチーム「アンチャンズ」は、彼のルーキー・オブ・ザ・イヤー獲得のために結成され、見事GPで準優勝を達成し、そのおかげもあって2000-2001シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いている。

2002年シーズンを前後にして不振が続いていたが、2005年に入り復調し、グランプリ新潟05で悲願の個人タイトルを獲得。そして、世界選手権05で日本人初の世界王者へ登りつめた。

その後、日本選手権06でも並み居る強豪を蹴散らして優勝。世界選手権06でも2年連続の個人戦ベスト8入りに加え、団体戦でも決勝進出を果たし、年末のThe Finals06も制するなど、2000年代中盤のプレミアイベントシーンを代表する活躍を見せた。

プロツアー横浜07で、罰則の累積により6か月の出場停止処分を受ける。(参考

出場停止処分後、しばらく表舞台での活躍が途絶えていたが、グランプリ北九州09で久々にベスト8に入ると、翌年にはグランプリ横浜10優勝、日本選手権10で史上初(史上唯一)の2回目の優勝を果たし、衰えぬ実力を見せつけた。

グランプリ神戸12では、日本人初の予選ラウンド全勝(15連勝)のパフォーマンスを魅せた。

デッキチューナーとしての才能も素晴らしく、対策されたトリックス変異種/Morphlingメイン搭載した通称「モリカツ型」、けちコントロール対決を意識して山賊の頭、伍堂/Godo, Bandit Warlordサイドに忍ばせた「Godo's Gift(伍堂型けちコン)」など、メタゲームを的確に読み成功を収めている。

  • 海外ではそのプレイングが「熱狂的」などと評価されている。彼のプレイングは非常に素早くかつ正確で、傍から見ているとほかの日本人プレイヤーへの評価「おとなしく、礼儀正しい」からは軌を逸すプレイヤーである。(→Wise Words - Goodbye 2001!Gary Wiseによる森勝洋のプレイングに対するコメント)参照)
    • 素早いプレイングと鋭い判断力から「ライトニング(稲妻)」の異名を持つ。
  • 生涯獲得プロツアー・ポイントが0の段階で(アジア太平洋地域のDCIランキング1位により)インビテーショナルに招待されたという伝説がある。しかし学業上の理由でインビテーショナルは辞退した。
  • 最近は仕事の方に熱を入れているようだ。
  • 「マジゴッド」という口癖があった。
  • オデッセイ・ブロックリミテッドグランプリで、3タッチよろめく大群/Shambling Swarmというデッキを見た後、「俺なら回せる」と発言した。
  • 2006年4月23日放送の「給与明細」に出演。「クィックシルバー森」と呼ばれていた。
  • 2011年11月 カードショップ「勝てる屋」を開店[1]

[編集] 主な戦績

[編集] プロツアー

[編集] マスターズ

[編集] グランプリ

[編集] その他

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 参考

QR Code.gif