手札

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

手札/Handとは、領域の1つ。プレイヤーの持ち札がある場所のこと。

[編集] 解説

通常は、プレイヤーは手札にあるカードしかプレイできない。また、プレイヤーは手札にあるカードしか捨てることはできない。

手札に持てるカードの枚数には制限はない。ただし、自分のクリンナップ・ステップ手札の上限を越える枚数のカードを持っていた場合、余剰分を捨てなければならない。手札の上限はプレイヤーごとに決められており、通常は初期の手札と同じ枚数、すなわち7枚である。この上限値は、ヴァンガードのルールのもとでゲームを行うときや、一部のカード呪文書/Spellbookなど)の効果によって変動することがある。

  • 手札にカードがないことはあっても、手札の領域は常に存在する。
  • 自分の手札の並べ替えは自由にできる。
  • 対戦相手の)手札の内容は非公開情報だが、その枚数は公開情報である。プレイヤーは、いつでも自分や対戦相手の手札の枚数を数えてよい。
  • 自分の手札を公開してプレイすることはルール違反とみなされないので、対戦相手に自由に見せてもかまわない。

ゲームでの展開力は、一般には手札の量によって決まる。手札の量が多いプレイヤーの方が、行動の選択肢が広がるので、以降のゲームを有利に進めていける(ハンド・アドバンテージ)。通常はドロー・ステップでしかカードを引けないので、そのままプレイしていればいずれは手札が尽きてしまう。手札を増やすためにはライブラリーからカードを複数枚引けるカードを使う必要があり、この効果はアーティファクトに多い。ハンド・アドバンテージは特にコントロールデッキにおいて重要な概念となるが、ビートダウンにおいても無駄に手札を消費しないことや対戦相手に手札を増やさせないという考えは重要であり、手札はそれだけ大切なものである。

また手札破壊といって、相手の手札を捨てさせる妨害行動も存在する。こちらはが得意とする。

  • 手札は、「呪文書」や「知識」、「精神」といったイメージで捉えられている。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20161111.0

QR Code.gif