第7版

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
第7版/Seventh Edition
シンボル アラビア数字の7
略号 7E, 7ED
発売日 日:2001年4月4日
セット枚数 全350種類

第7版/Seventh Editionは、7番目の基本セット。日本では2001年4月4日に発売された。

目次

[編集] 概要

収録されたカードは主にテンペスト・ブロックウルザ・ブロックからの再録である。第6版までの基本セットに比べてセット全体の弱体化が進み、ハルマゲドン/Armageddon十字軍/Crusadeなどの基本セットの常連カードは除外された(これによりスタンダードでのの衰退が顕著であった)。基本セットの初心者向けカードセットとしての方針もさらに進み、第6版に収録されていたアイスエイジ・ブロックミラージュ・ブロックなどの複雑な効果を持つカードは除外された。

他の基本セットが過去のセットからの単なる再録で構成されるのに対して、第7版では「セット内での世界観の統一」が1つのコンセプトとなっており、「の聖騎士VS西の聖騎士」などの独特の味付けがされている。また、収録されたカードはすべてイラストが新たに描き直された。中には後の再録で元に戻され、結果として第7版しか使われなかった貴重なイラストも多数存在している。

基本セットとして初めてプレミアム・カードが封入されるようになった。

[編集] ラインナップ

15枚入りのブースターパック、スターターセット(入門セット)、40枚からなるテーマデッキ5種類が発売された。トーナメントパックが発売されなかったため、ブースターパックには基本土地が1枚ずつ封入された。

[編集] スターターセット

第7版のスターターセットは、30枚の構築済みデッキ2種類、15枚入りの拡張パック(封入カードは固定)、プレミアム・カード版茨の精霊/Thorn Elemental、チュートリアルCD-ROM、紙製のプレイマットとライフカウンター(プレイマットに乗せて使用する)、その他マニュアルで構成される。

構築済みデッキは、それぞれの「ゴールド・プレイヤー」、白の「シルバー・プレイヤー」の2種類に分かれており、各プレイヤーのマニュアルに書かれたチュートリアルに沿ってゲームを体験できる仕組みとなっている。

構築済みデッキには単純なクリーチャーバニラブロック制限のみ)とソーサリーしか含まれていないが、拡張パックには他のカード・タイプのカードや、キーワード能力起動型能力を持つクリーチャーなどが含まれており、補強する形で楽しめるようになっている。

[編集] テーマデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif