黒死病/Pestilence

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Pestilence / 黒死病 (2)(黒)(黒)
エンチャント

終了ステップの開始時に、クリーチャーが戦場に存在しない場合、黒死病を生け贄に捧げる。
(黒):黒死病は、各クリーチャーと各プレイヤーにそれぞれ1点のダメージを与える。


「すべてのクリーチャープレイヤーダメージ」という呪文能力の中でも、最古のカードの1つ。第6版までは皆勤賞であった。

タフネスのクリーチャーをまとめて除去できるだけでなく、いざとなれば対戦相手にとどめを刺すエンドカードとしても使用できる。

生け贄に捧げる」のペナルティ能力終了ステップ開始時にクリーチャーがいない場合誘発し、解決時に再度チェックが入る(if節ルール)。そのため、様々な抜け道がある。

  • 例1:プロテクション)持ち、破壊不能持ち、高タフネスのクリーチャーを用意する。
  • 例2:終了ステップのチェック時にクリーチャーが戦場に存在してさえいればよいので、それが例え「ターン終了時までクリーチャー化したパーマネント」であっても構わない。例えばミシュラランド等。
  • 例3:対戦相手の終了ステップ中に起動する。その結果もしクリーチャーがいなくなったとしても、「終了ステップの開始時」は既に過ぎているため、生け贄には捧げられずに自分のターンを迎えられる。その後、自分のターン中で新たなクリーチャーを戦場に出せばよい。
  • 例4:「終了ステップ開始時に戦場に戻る能力」を持ったクリーチャーと組み合わせる。

プレイヤー自身のライフへの被害を抑える方法としては、黒の防御円/Circle of Protection: Blackウルザの鎧/Urza's Armorが使用される場合が多い。

  • なおマジックルールが整理中だった黎明期において、この手のカードは起動コストを「一括払い」する事により、ダメージもまた「一塊」扱いする事ができた。例えばこれの場合「黒マナ3点を一気に支払う事で全体に3点のダメージ。」という事ができた。そのため、防御円での軽減誘発型能力誘発に関わる差が生まれていた。もちろん、現ルールにおいてその様な行為は不可能である。

低タフネスのクリーチャー群を壊滅させる点、相手の増援や厄介なシステムクリーチャーの滞在を許さない点、繰り返し使用可能な点、エンドカードに成り得る点。これら4点はリミテッドにおいて非常に強力過ぎた。登場当初からコモンで登場し続けていたが、リミテッドにおけるゲームバランスが考慮され、第6版ではアンコモンとなった。また、後述する関連カードのレアリティもアンコモン以上である場合が多い。

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

黒死病のように何回も起動可能な各クリーチャーと各プレイヤーへの全体火力を持つペストカード。ダメージが1回のみのものは乾きの呪文/Dry Spellを参照のこと。

また、タイムシフトカードとして紅蓮炎血/Pyrohemia次元の混乱)が存在する。

[編集] 参考

QR Code.gif