肉貪り/Devour Flesh

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Devour Flesh / 肉貪り (1)(黒)
インスタント

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはクリーチャー1体を生け贄に捧げ、その後、そのクリーチャーのタフネスに等しい点数のライフを得る。


生け贄に捧げたプレイヤーライフ回復する悪魔の布告/Diabolic Edict対戦相手クリーチャーに対する除去として使うと悪魔の布告の劣化版だが、自分チームメイトの回復目的にも使える点は長所と言える。

コントロールデッキ感染デッキにおいては、対戦相手がライフを得るデメリットの影響が小さい、あるいは全く無視することができる。自分に対しての回復手段という小技がある分、悪魔の布告より実用性が高い。

登場時のスタンダードカードプールインスタントの除去に乏しいため、重要な選択肢となる。競合相手となる究極の価格/Ultimate Price夜の犠牲/Victim of Nightなどはそれぞれ欠点があり、飢えへの貢ぎ物/Tribute to Hungerはこれより1マナ重いメタゲームに合わせて使い分けたい。

モダンでは主に神秘の指導/Mystical Teachingsシルバーバレットとして採用される。競合するゲスの評決/Geth's Verdictより色拘束が緩いため、謎めいた命令/Cryptic Commandと無理なく共存できるこちらが優先されている。

彼のねじくれた精神はこう結論づけた。自分の体を作るのは食べた物である。自分は人間であり続けたい。ならば……

[編集] 参考

QR Code.gif