大型クリーチャー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

大型クリーチャー(Big Creature)とは、パワータフネスが大きいクリーチャーを指す俗語。4/4〜5/5以上くらいが目安だろうか。マナ・コスト重いクリーチャーを指すこともある。


Shivan Dragon / シヴ山のドラゴン (4)(赤)(赤)
クリーチャー — ドラゴン(Dragon)

飛行(このクリーチャーは飛行や到達を持たないクリーチャーによってはブロックされない。)
(赤):シヴ山のドラゴンはターン終了時まで+1/+0の修整を受ける。

5/5


Thorn Elemental / 茨の精霊 (5)(緑)(緑)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental)

あなたは「茨の精霊は、それがブロックされなかったかのようにその戦闘ダメージを割り振られる」ことを選んでもよい。

7/7

クリーチャーが強い色であるに多く、大型クリーチャーを支援する効果も緑。スカージアラーラの断片ブロックタルキール覇王譚ブロックのテーマにもなっており、大型クリーチャーかどうかの境目はスカージでは点数で見たマナ・コストが6以上、アラーラの断片ブロックナヤではパワーが5以上、タルキール覇王譚ブロックティムール境ではパワーが4以上(獰猛)となっている。なお、タルキール龍紀伝アタルカ氏族ではパワーの合計が8以上(圧倒)となっている。

  • さらに、この上に巨大クリーチャー/Huge Creatureという呼び方もある。大型クリーチャーと同義で使われることもあるが、それよりもさらに大きいクリーチャーを指す場合が多い。目安としては7/6以上だろうか。とりわけコロ助など。リアニメイトに投入が考慮されるようになるサイズと言ってもいいだろう(もちろんリアニメイトにはサイズ以外の能力も非常に重要な要素である)。

目次

[編集] 一覧

サイズ上位クリーチャーについては各種カードランキング#パワー・タフネスを。

[編集] クリーチャー・タイプ

[編集] 大型しかいない

[編集] 大型であることが多い

[編集] 大型と小型が入り混じる

[編集] 意外と大型に満たないものも多い

[編集] 参考

QR Code.gif