マス・デストラクション

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マス・デストラクション(Mass Destruction)は、全体除去を多用し、1対多交換によりカード・アドバンテージを獲得しつつ、盤面を掌握して勝利するコントロールデッキ。デッキ名は日本語で「大量破壊」を意味する。

目次

[編集] 概要


Wrath of God / 神の怒り (2)(白)(白)
ソーサリー

すべてのクリーチャーを破壊する。それらは再生できない。


全体除去によるリセット後にフィニッシャーで勝利するのが基本戦術である。

神の怒り/Wrath of Godハルマゲドン/Armageddonを擁すると、ジョークルホープス/Jokulhaups抹消/Obliterateを使うことのできるが主流。には激動/Upheavalを使ったもの(→激動サイカトグなど)、にはもぎとり/Mutilate滅び/Damnation死の雲/Death Cloudを使ったタイプ(→黒コントロールなど)が存在する。

緑には色の役割上ほとんど存在しないが、クリーチャーが優秀なであるため、リセット後のフィニッシャーのために補色として使用される場合が多い(→アーニーゲドンなど)。

大振りになりやすいことから打ち消しに非常に弱い。

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 白系

[編集] 青系

[編集] 黒系

[編集] 赤系

[編集] 参考

QR Code.gif