マナ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マナ/Manaは、マジック:ザ・ギャザリングにおいて、呪文唱えるために必要なリソース。マジックの根幹を成す概念の1つである。

目次

[編集] 解説

マナは、主にマナ能力効果によって生み出される(マナ能力でない能力の効果から生み出されることもある)。通常は戦場にある土地タップすることで(土地のマナ能力を起動することで)生み出すことができる。生み出したマナはマナ・プールに加えられ、コスト支払うために即座に使うことも、後で使うためにマナ・プールに残したままにしておくこともできる。使われなかったマナは各フェイズや各ステップの終了時に失われる。

マナには、白マナ(W)、青マナ(U)、黒マナ(B)、赤マナ(R)、緑マナ(G)の各種色マナと、無色マナ(C)がある。それぞれのアルファベットは、各および無色を表す略号と同一である。カード上ではマナ・シンボルか、「白マナ/white mana」といった文章で表される。マナのタイプとは、その5色()および無色の6種類のことをいう。

例えば、コストが「(2)(白)(青)」と表記されていたら、好きなタイプのマナ2点と、白マナ1点と、青マナ1点とで支払えることを示している。

  • (1)、(2)、(3)などの数字や(X)のマナ・シンボルは、不特定マナ・コストを表す(無色マナ・シンボルではない)。これらはどの色のマナで支払っても構わないし、無色のマナで支払っても構わない。
  • コストに含まれる(◇)は無色マナ・シンボルを表す。これらは不特定マナ・コストではなく、無色マナでしか支払えない。
  • その他、混成マナ・シンボルなどの特殊なマナ・シンボルも存在する。そちらについてはマナ・シンボルを参照。

[編集] 特殊なマナ

[編集] その他

[編集] 関連用語

[編集] ルール用語

[編集] 廃語

[編集] 俗語

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif