ゼンディカー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
ゼンディカー/Zendikar
シンボル 面晶体(8面体の鉱石)
略号 ZEN
コードネーム Live
発売日 2009年10月2日
セット枚数 全249種類

ゼンディカー/Zendikarは、ゼンディカー・ブロックの1番目の大型エキスパンション2009年10月2日に発売された。

目次

[編集] 概要

次元ゼンディカー/Zendikarを舞台とする。コンセプトは「探検・冒険」で、ゼンディカーの財宝を求め探索のために協力し合う同盟者、遺跡に仕掛けられた、条件を達成することで恩恵を得られる探索エンチャントといったメカニズムが登場した。

テーマは土地対抗色フェッチランドなど多数の土地のほかに、土地が戦場に出たときに効果を発揮する能力語上陸を持つカードが多数登場した。

多色化を推奨していたアラーラの断片ブロックとは対照的に、多色カードは1枚も登場していない。

新規キーワード能力威嚇。また、キッカーが再登場している。

  • ブースターパックファットパックには、従来とは違い、アンヒンジドなどのようにイラストが大きく描かれているバージョンの基本土地カードが封入されている(フレームの形容はアンヒンジド版とは異なる)。なお、エントリーセットには、従来と同じデザインの基本土地カードが封入されている。
  • このセットよりトーナメントパックが発売されないようになった。
  • 日本語版のブースターパックには、中国語版トークン・カードまたは豆知識カードが誤封入されている(参考)。また、中国語版のブースターパックには、日本語版のトークン・カードまたは豆知識カードが誤封入されている。なお、コンパクトブースターではこの誤封入は確認されていない。
  • 独特のデザインの基本土地に加え、後述するヴィンテージ・カードの影響もあり、日本玩具協会による一般玩具売り上げランキングで2009年10月の月間ランキングの1位を獲得した(参考)。
  • 日本語だとこの手の濁音混じりの名前は勘違いされやすく、ゼンティカー、ゼンディガーなどと呼ばれたりもするが、正しくはゼンー。「デ」は濁点有りで「カ」は濁点無しである。

[編集] ヴィンテージ・カード

低い確率(720パック(ブースターボックス20箱)に1パック程度と言われている)で、基本土地カードの代わりに、本物のリミテッド・エディションを含む過去の基本セットエキスパンションから選ばれた貴重なカードが混入されている場合がある。これはウィザーズ社がキャッチコピーの「生命に関わる危険、貴重な宝物。」を具現化するものとして意図的に封入したものである。

この情報はプレリリース・トーナメントまで秘密とされており、開催前日まで判明されなかった。判明後、発売日当日のブースターパック価格の吊り上げが相次ぐほどのボックスの予約が殺到した。なお、このためにリミテッドに関するトーナメントルールの一部が変更されている。

  • それらのカードは、新規に印刷されたのではなく、既存のカードの在庫の再配布である為、WotCの再版ポリシーの制約を受けない。その故に、パワー9デュアルランドなど再録禁止カードが惜しげもなく投入される。
  • 言語は英語版しか存在しないが、どの言語のパックにも封入されている。
    • そのためか、法律上の問題があったアンティに関係したカード(再録禁止の有無問わず)は一切封入しない。
  • Magic Onlineには封入されない。

[編集] 事前情報

以下の情報はMark Rosewaterがコラム「君の夢にプレインチェイス」の中で述べたものである。

[編集] エントリーセット

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] デザイン

デザイン・チーム Mark Rosewater (lead)
Doug Beyer
Graeme Hopkins
Kenneth Nagle
Matt Place
開発チーム Henry Stern (lead)
Dave Guskin
Aaron Forsythe
Mark Globus
Erik Lauer
Devin Low
Matt Place
Mike Turian
Steve Warner

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif