囁きの大霊堂/Vault of Whispers

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Vault of Whispers / 囁きの大霊堂
アーティファクト 土地

(囁きの大霊堂は呪文でない。)
(T):(黒)を加える。


ミラディン・ブロックカードの中で一番間違っていると名高いアーティファクト・土地群。その中の黒マナを生み出す土地

その名のとおり、大霊堂の信奉者/Disciple of the Vaultとともに、親和の基本的なキーカードである。逆に、普通のデッキでは滅多に使われない。構造上基本土地である沼/Swampを使用できないデッキでは代わりとして使用されることがあった。→アングリーハーミット2

  • 読み方は「ささやきのだいれいどう」。

2005/03/20より、スタンダード禁止カードに指定された。さらに2006/03/20よりミラディン・ブロック構築で、フォーマット開始当初からモダンで、それぞれ禁止カードに。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ミラディンアーティファクト・土地サイクル

ダークスティールでは、無色版のダークスティールの城塞/Darksteel Citadelが登場した。

親和デッキを横行させた元凶。すべてが2005年3月20日より、スタンダード禁止カードに指定された。2006年3月20日より、ミラディン・ブロック構築でも禁止カードに指定されている。モダンではダークスティールの城塞を除く五つが、フォーマット制定当初より禁止カード。

[編集] 参考

QR Code.gif