アリーナドレイン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

アリーナドレイン(Arena Drain)ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena手札を補充しつつコントロールするデッキインベイジョン・ブロック構築発祥のデッキであり、白黒かそれに1足した構成をとる。

ドレイン呪文が、ファイレクシアの闘技場のライフロスをカバーすると共にフィニッシャーを務める。

目次

[編集] スタンダード


Phyrexian Arena / ファイレクシアの闘技場 (1)(黒)(黒)
エンチャント

あなたのアップキープの開始時に、あなたはカードを1枚引き、1点のライフを失う。



Death Grasp / 死のわしづかみ (X)(白)(黒)
ソーサリー

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。死のわしづかみは、それにX点のダメージを与える。あなたはX点のライフを得る。


強迫/Duressジェラードの評決/Gerrard's Verdictなどの手札破壊と、名誉回復/Vindicateを筆頭とするパーマネント破壊戦場をコントロールし、マナ基盤が整ったら死のわしづかみ/Death Graspで一気にライフを奪い取る。その一連の流れは、テンペスト・ブロックウルザ・ブロック期のネクロディスクを彷彿とさせるものがある。クリーチャーは、幽体オオヤマネコ/Spectral Lynxファイレクシアの憤怒鬼/Phyrexian Ragerが採用されることが多い。

また、オデッセイ・ブロック時代の黒コントロールもこれとほぼ同様のコンセプトで組まれる。

手札破壊により相手の行動は制限できるものの、ソーサリー中心の構成になりやすいため相手のターンに相手を妨害する手段に乏しい。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (4)
3 冥界のスピリット/Nether Spirit
1 荒廃の天使/Desolation Angel
呪文 (32)
4 ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena
4 神の怒り/Wrath of God
4 名誉回復/Vindicate
4 ジェラードの評決/Gerrard's Verdict
4 死のわしづかみ/Death Grasp
3 キマイラ像/Chimeric Idol
4 強迫/Duress
3 暗黒の儀式/Dark Ritual
2 解呪/Disenchant
土地 (24)
10 平地/Plains
10 沼/Swamp
4 コイロスの洞窟/Caves of Koilos
サイドボード
2 十二足獣/Dodecapod
1 解呪/Disenchant
2 サーボの網/Tsabo's Web
2 象牙の仮面/Ivory Mask
3 サーボの命令/Tsabo's Decree
3 迫害/Persecute
2 物語の円/Story Circle

[編集] エクステンデッド (ミラディン期)

上位入賞は少ないものの、海外を中心にトーナメントに度々姿を現している。このデッキだけを使い続ける愛好者も少なくないようだ。

スタンダード期に比べ、ドローエンジンが「ライフ得るカード」と「(主にライフを犠牲に)アドバンテージを得るカード」に二極化されている。


Dark Confidant / 闇の腹心 (1)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

あなたのアップキープの開始時に、あなたのライブラリーの一番上のカードを1枚公開し、そのカードをあなたの手札に加える。あなたは、その点数で見たマナ・コストに等しい点数のライフを失う。

2/1


Martyr of Sands / 砂の殉教者 (白)
クリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)

(1),あなたの手札から白のカードをX枚公開する,砂の殉教者を生け贄に捧げる:あなたはXの3倍のライフを得る。

1/1


Death Denied / 死の否定 (X)(黒)(黒)
インスタント — 秘儀(Arcane)

あなたの墓地にあるクリーチャー・カードX枚を対象とし、それらをあなたの手札に戻す。


砂の殉教者/Martyr of Sandsのような軽量かつ大量に回復できるカードが多いため、バーンビートダウンには基本的に有利。また、ファイレクシアの闘技場のほか闇の腹心/Dark Confidant苦花/Bitterblossom死の否定/Death Denied‎という大量のアドバンテージカードや、手札破壊によりコントロールデッキ相手の相性も悪くない。反面コンボデッキには、手札破壊がよほど刺さらない限り苦しい戦いを強いられることになる。

また攻め筋が細いのも弱点であり、上記ドローカード群により、ライフではなくライブラリーが尽きてしまうシーンも散見される。同時に重要な問題として、プレインズウォーカーが苦手。

悪斬の天使/Baneslayer Angelを得てからは、その問題はやや緩和された。

[編集] 参考

QR Code.gif