トーモッドの墓所/Tormod's Crypt

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Tormod's Crypt / トーモッドの墓所 (0)
アーティファクト

(T),トーモッドの墓所を生け贄に捧げる:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーの墓地のカードをすべて追放する。


シンプルかつ大規模な墓地対策カード

マナが不要であるためデッキを問わず展開も阻害せず、また一方の墓地のみに作用するため自分の墓地利用を妨害することもない。また唱えてすぐには起動せず温存することで、いつでもインスタント・タイミングで墓地対策できる姿勢を示して抑止力にすることも可能。0マナ・アーティファクトほぞ)であるため粗石の魔道士/Trinket Mageトレイリア西部/Tolaria Westなどでサーチしやすいのも大きな強みである。

しかし墓地利用をしない相手には完全に腐るし、する相手に対しても多くの場合でカード・アドバンテージ面では損になりやすく、また起動コストの都合上「単発」の対策しかできないので墓地対策しきれない可能性も残る。またタルモゴイフ/Tarmogoyfなどに対しては、プレイヤー1人の墓地しか対策しないことが欠点になることもある。他の墓地対策カードと、それぞれの長所と短所をよく比較検討して使い分けたい。

強力な墓地活用カードが多いモダンエターナルではよく使われるカードである。また、時のらせんタイムシフトカードとして再録されて以降、スタンダードではナルコブリッジエクステンデッドではフリゴリッドなどへの強烈な抑止力として活用されている。

  • 以前のルール・テキストは、「墓地をゲームから取り除く」という表記だったため、マジックの初期の時代に、このカードは墓地と言う領域そのものを無くす効果だと思った人がいたらしい。当然、領域としての墓地にはなんら影響を与えることは無いが、わかりやすいように2009年1月30日のオラクル変更で「墓地のカードをすべてゲームから取り除く」と書き換えられた。

[編集] 参考

QR Code.gif