スランのレンズ/Thran Lens

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Thran Lens / スランのレンズ (2)
アーティファクト

すべてのパーマネントは無色になる。


すべてのパーマネント無色にしてしまうアーティファクト

一見何に使うのか良くわからないカードだが、基本的には対戦相手色対策カードへのさらなる対抗手段として利用される。例えばストンピィ非業の死/Perishを、スーサイドブラック日中の光/Light of Dayをかわすためによく使用していた。また、赤単黒単が使うと防御円をかわすこともできる。

ゼンディカー・ブロック戦乱のゼンディカー・ブロックで無色を参照とするカードや無色呪文が出たため、それらとシナジーを形成するようになった。

畏怖クリーチャー入りデッキにおいては対用のサイドボードにもなる。ただし畏怖持ちは黒いクリーチャーが多いため、普通無色になると除去に弱くなる点は注意。

  • 他の色変更効果との相互作用は、類似カードである真に暗き時間/Darkest Hourの項目を参照のこと。
  • この効果で、すべてのパーマネントがアーティファクトになるということはない。「無色である」ことと「アーティファクトである」ことは関係がない。
  • 無色のクリーチャーを戻す開門クリーチャーは存在していないので、実質開門能力を無効にできる。単純にコストとしての開門を踏み倒すこともできれば、アルーレンを機能不全に陥れることもできる。
  • 自身のクリーチャーも除去に弱くなる反面、逆に闇への追放/Dark Banishingが万能クリーチャー除去に。
  • 古代スラン/Thranでは、レンズのことをベルベイ/Belbeと呼んだ。

[編集] 参考

QR Code.gif