水蓮の花びら/Lotus Petal

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Lotus Petal / 水蓮の花びら (0)
アーティファクト

(T),水蓮の花びらを生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに、好きな色のマナ1点を加える。


Black Lotusの調整版。同じく使い捨てだが、1マナしか出せなくなってしまった。なお、マナ・バーンが廃止されたことによりBlack Lotusの下位互換となった。

Black Lotusや暗黒の儀式/Dark Ritualほどの爆発力は無く、またアドバンテージ面でも損失が大きいため、ほぼ瞬殺コンボデッキ専用と言える。反面コンボパーツとしては、クセの無い0マナであるこれはとても使いやすい。またアーティファクトであることも利用できる。当時のスタンダードでは、トレイリアのアカデミー/Tolarian Academyと絡んで、MoMaの加速の一助となった。

また、暗黒の儀式系呪文と同様、マナを増やしつつストームを稼ぐことができるためストームデッキ全般と相性がいい。エターナルクラシックではアド・ストームCharbelcherなどで幅広く採用されている。

Lotusを冠するカードの中では唯一のコモンである。そのため、他に0マナでのマナ加速猿人の指導霊/Simian Spirit Guideしか無いPauperでも一考に値する。赤系ストームの定番カードだった他、感染親和でも採用されていた。その後、禁止改訂によってストームが消滅、感染や親和でも採用されなくなったため、The Spyのようなデッキがあるものの環境で見かけることはほぼ無くなっている。

1999年4月1日より、スタンダード禁止カードに指定される。また、同年10月1日より、タイプ1(現ヴィンテージ)で制限カードエクステンデッドタイプ1.5禁止カードに指定されるが、2004年9月20日よりタイプ1.5から移行したレガシーでは禁止されていない。また、テンペスト・ブロック構築では禁止されていない。

「考えてもみてよ」とハナは花びらをなでながらしみじみと言った。「こんなに美しい花が、みにくい物欲を起こさせるなんてね」

[編集] 参考

QR Code.gif