貪欲なるネズミ/Ravenous Rats

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ravenous Rats / 貪欲なるネズミ (1)(黒)
クリーチャー — ネズミ(Rat)

貪欲なるネズミが戦場に出たとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚捨てる。

1/1

手札破壊ETB能力搭載のクリーチャー

序盤に対戦相手手札に干渉し1対1の交換を行い、小さいながらも揺さぶりをかけてくれる。2マナで、それ単体でカード・アドバンテージを取れる呪文は非常に稀であり、その意味でも優良なカード

クリーチャーであるがゆえの活用法も多く、相手のデッキによって様々な働きをする。コントロール相手ならば、1/1とは言えダメージソースとして残せるし、ビートダウン相手ならば、チャンプブロックに回して貴重なライフを守れる。また生け贄などのコストに回してもよいし、クリーチャーを再利用するカードとの相性も良い。ブロックされて死んでもかまわないので梅澤の十手/Umezawa's Jitteなど戦闘ダメージ誘発条件とする装備品をつけて攻撃させてもよい。

初登場はポータル・セカンドエイジであったが、ウルザズ・デスティニーにてスタンダード環境にデビュー。そして、ウルザ・ブロックのスタンダード落ちとともにこれも退場するはずだったが、インベイジョン再録され、途切れることなくスタンダードに残り続けた。さらに、そのインベイジョンが落ちて1年経たないうちに第8版に再録。そして、第9版第10版にも再録された。第8版以降、基本セット入りするとレアリティが昇格するカードが多かったが、これはいずれも昇格することなくコモンでの収録である。

ヴィリジアン・ラッツなどのネズミデッキの主力カードである。ウィニーデッキにとってはパワーに難があるため、オルゾフ・アグロなどのデッキにしか採用されない。やはりアドバンテージを主線としたコントロールデッキでの使用が目立つ。2マナでほぼ確実にアドバンテージを取れる点が大きく、エターナルでも散見される。

[編集] 参考

QR Code.gif