カード・アドバンテージ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

カード・アドバンテージ(Card Advantage)とは、使用可能なカードの枚数における優位性(アドバンテージ)のこと。ドローと密接に関係する概念であることから、「ドロー・アドバンテージ」と呼ばれることもある。


Divination / 予言 (2)(青)
ソーサリー

カードを2枚引く。



Mind Rot / 精神腐敗 (2)(黒)
ソーサリー

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを2枚捨てる。


マジックではそのままゲームを進行していく限り、先攻のハンディキャップとしての最初のドローを除けば、両者のドロー回数は同じである。自由に使えるカードが多い方が有利になるのは明白なので、何らかの手段で対戦相手よりも多くの枚数を確保することで優位を得ることができる。

ここで言う「自由に使えるカードの枚数」とは、手札だけでなくパーマネントなども合わせた数である。ただしハンド・アドバンテージボード・アドバンテージを単純に足したものというわけではない。それらがカードの質も見るのに対し、カード・アドバンテージは純粋に枚数のみを見る。

相手とのカード・アドバンテージに差が付くのは、主に2つのパターンに分かれる。また、両者を同時に行う場合もある。

  1. 何らかの手段で相手より多くのカードを手に入れる場合。
  2. 何らかの手段で自分よりも多くの損害を相手に与える場合。

カード・アドバンテージは往々にして手軽に得られるものではなく、ある程度のマナや、他のリソースが代償として必要になることもある。常にライフ・アドバンテージマナ・アドバンテージなど、他のアドバンテージと天秤にかけていく必要があるが、大抵はカード・アドバンテージを取る方向で行けば有利になれる事が多い。つまり、それだけ直接的なアドバンテージの類だと言う事である。

[編集] 交換

カード1枚を使って、相手のカードを1枚消費させることを「1対1交換」と呼ぶ。これは(多人数戦でないかぎり)お互いにカード・アドバンテージの面で差がつかないやり取りである。「2対2交換」なども同様。

カード1枚を使って、相手のカードを2枚消費させれば「1対2交換」。逆にカード2枚を使って、相手のカードを1枚消費させると「2体1交換」。これらはカード・アドバンテージが変化するやり取りである。

キーワード処理交換とは異なる。

[編集] 参考

QR Code.gif