未来予知

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
未来予知/Future Sight
シンボル
略号 FUT
コードネーム Pop
発売日 2007年5月4日
セット枚数 全180種類

未来予知(フューチャー・サイト)/Future Sightは、時のらせんブロック2番目の小型エキスパンション。2007年5月4日に発売された。

目次

[編集] 概要

セット名からもわかるように、テーマは「未来」。ストーリーだけでなく、マジックというゲームそのものの数百年後までの未来を見通している。そのため、タイムシフトキーワード能力もバリエーションに富んだものとなっており、今までありそうで無かったメカニズムが多い。中には登場時点で意味を持たない記述を持つカードもある。

  • ただし、新キーワード能力やシステムには、未来予知発売時点で登場が確定しているものだけでなく、予定が無いもの、そして登場しないと予定されているものも含まれる。ある意味、壮大なカード・プレビューを行なっているわけである。

[編集] メカニズム

新しいカード・タイプとして部族プレインズウォーカー、新しいアーティファクト・タイプとして城砦からくりが定義された。

キーワード能力探査吸収オーラ交換城砦化激情墓地ストーム変形有毒と数が多いが、これらのほとんどが(発売時点で)1枚のカード専用のキーワードとなっている。新能力語壮大。また、直前のラヴニカ・ブロックから、キーワード能力の予見移植狂喜召集発掘変成、能力語の暴勇が再登場。さらに、馴染み深い能力のいくつかがキーワード化され、いわゆる魂の絆能力絆魂(のちに変更)、いわゆる蜘蛛能力到達、「アンタッチャブル」が被覆バジリスク能力接死となった。到達は、一部のカードとの相互作用が変化している。サイクリングについては、土地サイクリングの拡張としてタイプ・サイクリングが登場した。

キーワード処理の概念が定義され、以前から存在する「再生(する)」や「占術(を行う)」、新たに登場した「消術(を行う)」などがまとめられた。

サイクルとしては、過去の伝説のクリーチャーの子孫を表した、壮大を持つ伝説のクリーチャー・サイクルや、コスト支払いを未来に行う契約サイクルが代表的。過去や未来に存在するクリーチャーをほぼそのまま産み出すスペルシェイパー解決時に再び待機状態に戻る待機カードといったサイクルもある。願いも新たに1枚追加された。

[編集] その他メカニズム

他にも以下の変わり種が初めて登場した。

[編集] テーマデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] 主な開発スタッフ

[編集] 公式特集ページ

[編集] 参考

QR Code.gif