首謀者の収得/Mastermind's Acquisition

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mastermind's Acquisition / 首謀者の収得 (2)(黒)(黒)
ソーサリー

以下から1つを選ぶ。
・あなたのライブラリーからカード1枚を探し、それをあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。
・あなたはゲームの外部からあなたがオーナーであるカード1枚を選び、あなたの手札に加える。


あらゆるカードを、ライブラリーのみならずゲームの外部からも探してくることができる超万能サーチ。ついに登場した魔性の教示者/Diabolic Tutor上位互換

4マナとやや重いが、各種教示者願いと同様、シルバーバレットコンボパーツを揃えるのに役立つ。また、願いとは違い自身を追放しないため、再利用が比較的容易であるのも見逃せない。

シルバーバレットによってゲームプランを修正できる点は、サイドボードの駆け引きで裏目を引いたり、1ゲーム目で相性の悪いデッキと当たった際など、戦略レベルでのディスアドバンテージの保険となるため、コントロールコンボデッキにとっては価値が高い。

登場時のスタンダードでも、を含むコントロールデッキでは汎用性の高さを買われて1~2枚採用される例がある。モダン以下の環境でもストーム系などの相性の良いアーキタイプでは採用される可能性がある。

[編集] ストーリー

イクサランの相克注目のストーリーの3枚目。

ジェイス・ベレレン/Jace Belerenと過ごした日々の記憶を失ったヴラスカ/Vraskaは、自分がいつの間にか不滅の太陽/The Immortal Sun真下の部屋にいることに気づいた。雇い主から数ヶ月前に教えられた複雑な呪文を唱えると、紫色の円が開き、天井の不滅の太陽は他の次元/Planeへと運ばれていった(イラスト)。

こうして首謀者ニコル・ボーラス/Nicol Bolasは、カラデシュ/Kaladesh次元橋/Planar Bridgeアモンケット/Amonkhet永遠衆/Eternalに続く第三のピース、イクサラン/Ixalanの不滅の太陽を手に入れた――自身は一歩も動かずして[1]

邪悪なパズルの欠片がまたひとつ。

[編集] 脚注

  1. Sabotage/妨害工作(Magic Story 2018年1月31日 R&D Narrative Team著)

[編集] 参考

QR Code.gif