燻し/Smother

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Smother / 燻し (1)(黒)
インスタント

点数で見たマナ・コストが3以下のクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。それは再生できない。


軽量クリーチャー専用の除去カード恐怖/Terror破滅の刃/Doom Bladeといった一般的なの除去と違って、黒のクリーチャーも除去できる点が特徴。

これがオンスロートに初めて収録された時、スタンダード環境には野生の雑種犬/Wild Mongrelサイカトグ/Psychatogナントゥーコの影/Nantuko Shade影魔道士の浸透者/Shadowmage Infiltratorといった点数で見たマナ・コストが3以下の優秀なクリーチャーが多く、これらに対抗するために主体のデッキを筆頭に様々なデッキで使用された。これらのクリーチャーは全て黒(野生の雑種犬はだが、能力で黒になれる)なので、前述の特徴が特に注目された。

モダンレガシーなどでも数多くの軽量クリーチャーを葬っていたが、より軽い致命的な一押し/Fatal Pushが登場してからはそちらが優先される傾向にある。

[編集] ストーリー

「燻し」と訳されている「Smother」は、名詞として「大量の煙」「濃霧」などの意味があるが、動詞では「窒息死する」「窒息させる」「息を詰まらせる」くらい。カードのイラストとフレイバー・テキストを見ると煙に燻されてはいない。(しかし、濃霧窒息も既に別のカードの名前に使われている。)

オンスロート版は、オタリア/Otariaドワーフが声も出せずに息を詰まらせて苦しむ様子とそれに対するフェイジ/Phageの一言(イラスト)。

叫び声が聞こえないな。奴らのうっとうしい命乞いが聞こえなくていいけどね。
触れられざるものフェイジ

一方、ワールドウェイク版には、触手に顔を塞がれてしまったゼンディカー/Zendikarゴブリンが描かれている。ハリマー探検隊長、ザール・ガーダ/Zahr Gada, Halimar expedition leader流の試験が行われているようだ(イラスト)。

「新しいのを雇う前は、奴らがどれだけ息を止めていられるかの試験をする。これが意外と重要なんだ。」
ハリマー探検隊長、ザール・ガーダ

[編集] 参考

QR Code.gif