キッカー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
キッカー/Kicker
種別 常在型能力
登場セット インベイジョン・ブロック
時のらせんブロック
ゼンディカー・ブロック
ドミナリア
CR CR:702.32

キッカー/Kickerは、インベイジョン・ブロックで初めて登場したキーワード能力。これを持つ呪文スタック上にある間に機能する常在型能力である。


Kavu Titan / カヴーのタイタン (1)(緑)
クリーチャー — カヴー(Kavu)

キッカー(2)(緑)(あなたがこの呪文を唱えるに際し、あなたは追加の(2)(緑)を支払ってもよい。)
カヴーのタイタンがキッカーされていた場合、それはその上に+1/+1カウンターが3個置かれた状態で戦場に出るとともに、トランプルを持つ。

2/2


Thunderscape Battlemage / 雷景学院の戦闘魔道士 (2)(赤)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

キッカー(1)(黒)/(緑)(あなたがこの呪文を唱えるに際し、あなたは追加の(1)(黒)か(緑)またはその両方を支払ってもよい。)
雷景学院の戦闘魔道士が戦場に出たとき、それが(1)(黒)でキッカーされていた場合、プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを2枚捨てる。
雷景学院の戦闘魔道士が戦場に出たとき、それが(緑)でキッカーされていた場合、エンチャント1つを対象とし、それを破壊する。

2/2

[編集] 定義

キッカー [コスト]/Kicker [コスト]は、「この呪文唱えるに際し、あなたはさらに[コスト]を支払ってもよい。」を意味する。

キッカー [コスト1]/[コスト2]は、「キッカー [コスト1]」、「キッカー [コスト2]」と同じ意味である。

呪文のコントローラーが呪文のキッカー・コストを支払う意図を宣言した場合、その呪文はキッカーされている/Kicked状態になる。

[編集] 解説

唱える際に、本来のコストに加えてキッカー・コストを支払うことができる能力である。キッカー・コストを支払った(キッカーされている)時に何が起きるかは、各カードルール文章により定義される。

おおざっぱに言うと「追加コストを支払うことで、本来の効果に加えて別の効果を追加することも選べる」ような能力。似たようなことができるカードは古くからアライアンスなどにいくつかあったが、インベイジョン・ブロックではキーワード能力として定義され、各に作られた。

時のらせんブロックゼンディカー・ブロックドミナリアで再登場。時のらせんではタイムシフト再録のみの登場で、次元の混乱ではのメカニズムとして割り当てられた。また、ワールドウェイクでは新しい形の多重キッカーが登場した。ドミナリアでは全色に存在するが特にと緑に多い。

[編集] ルール

  • 「キッカー [コスト1]/[コスト2]」のように複数のキッカーを持つ場合、それぞれのキッカーに対して支払うか支払わないかを選択できる。つまり、「両方支払う」「どちらか一方のみ支払う」「どちらも支払わない」のどれを選択してもよい。
    • 複数のキッカーに対してキッカー・コストを支払った場合、その数だけキッカーされていることになる。例えば、菌獣の横行/Saproling Infestationはその数だけ誘発する。
    • 各キッカー能力とそれを支払った場合に何かする能力は関連している能力である。後者の能力は前者の能力でキッカーされたかどうかのみ参照し、他のキッカー能力は参照しない。
  • キッカーを持つパーマネント唱える以外の方法で戦場に出る場合、キッカー・コストを支払うことはできない。
  • キッカー・コストに含まれるマナとカードの色に関係はない。例えば、上の雷景学院の戦闘魔道士/Thunderscape Battlemageのカードであるが、キッカー・コストを支払ったとしてもになることはない。
  • キッカー・コストを支払うことを選択した場合に「キッカーされている」ことになる。実際にどれだけのコストを支払うことになったのかは関係ない。
  • キッカー・コストを支払うことを選んだかどうかは、コピー可能な値である。キッカー・コストを支払うことを選んで唱えられた呪文のコピーは、その選択もコピーされる。

[編集] その他

  • トーナメントにおいて活躍したカードも多数生んでおり、インベイジョン・ブロックの人気に貢献したのは間違いないだろう。
  • 1つの呪文に2種のキッカーが搭載されていることを俗に「ダブル・キッカー」と呼ぶ。プレーンシフト戦闘魔道士サイクルアポカリプスボルバーサイクル、および照射/Illuminateアナの戦闘魔道士/Ana Battlemageがこれに該当する。
  • インベイジョン・ブロックのキッカーを持つカードのイラストには、そのコストの色に対応したインベイジョンエキスパンション・シンボル(ドミナリア連合のシンボル)の一部が描かれている(一部間違った色のシンボルが描かれていたり、シンボルが描き忘れられているカードもある[1])。
  • キッカー・コストを支払うことにより、+1/+1カウンターを得るカードも多く、このカウンターを参照するカードとのシナジーを持つ。
  • インベイジョン・ブロックで初めて登場したときは、呪文のキッカー・コストが支払われたことによる能力を「あなたが([コスト]の)キッカー・コストを支払った場合」と表記していた。第8版発売に伴う総合ルールオラクル更新で「([コスト]の)キッカー・コストが支払われている場合」に変更され、コントロール変更効果との相互作用が明確化された。それでも、コスト軽減の結果、キッカー・コスト部分を実際に支払わなくて済むようになった場合にキッカーによる能力が機能しなくなる問題があったため、2009年9月4日の総合ルール・オラクル更新で「([コスト]で)キッカーされている場合」という表記に改められた。
  • 機能的には追加コストを支払わせるものでしかないため、多くのキーワード能力やメカニズムはキッカーを使うことでも実現できることがよく指摘されており、開発部でもそのことを認識している。このことは、キッカーの再登場をためらわせる原因となっている[2][3]
  • 中国語版での訳語は「増幅」。日本語版の増幅は別物なので注意。

[編集] 脚注

  1. Battlemage Coalition(Arcana 2002年3月27日 Wizards of the Coast著)
  2. Support Group/サポート・グループ(Making Magic 2012年2月20日 Mark Rosewater著)
  3. Storm Scale: Zendikar and Battle for Zendikar/ストーム値:『ゼンディカー』『戦乱のゼンディカー』ブロック(Making Magic 2016年11月21日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

引用:総合ルール 20181005.1

QR Code.gif