Magic Online

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Magic Onlineマジック・オンライン)は、2002年6月に稼動を開始したウィザーズ・オブ・ザ・コースト社制作のWindows用ソフトウェア。インターネットを通して通信対戦が楽しめるマジックMOMTGOと略される。

目次

[編集] 概要

英語版のみで日本語を含む他言語版は存在しない。2014年7月16日に、現行のMagic Online IVにバージョンアップした。

自分で構築したデッキでインターネット上の認定大会に出場したり、カジュアルプレイドラフトシールドなどを楽しむことができる。また、他の人のプレイを観戦したり、リプレイを見ることもできる。

  • 現実世界のプレミアイベントとリンクしているイベントも多い。Magic Onlineにもプロツアー地域予選とは存在するし、他にもマジックオンラインチャンピオンシリーズ(MOCS)、Magic Onlineプロツアー予選を突破することでもプロツアーに出場できる。
    • 実際、Magic Onlineのプロツアー予選・MOCSの勝ち上がりからプロツアー優勝まで上り詰めた例が複数ある(彌永淳也など)。MOで活躍していたトップクラスのプレイヤーがリアルでもトップクラスのプロプレイヤーとなる例も少なくない。
    • 2009年から2017年まで、公式トーナメントの最高峰である世界選手権にもMagic Onlineからの出場枠が存在する。
  • 店頭で販売されている第8版第9版のスターター・セット(英語版のみ)におまけとしてMagic Onlineが含まれたCD-ROMがついているが、それに入っているのは旧バージョンのクライアントである(アカウント作成のためのクーポンコードは使用可能)。Magic Onlineのクライアントはウィザーズ・オブ・ザ・コーストのサイトからダウンロードする必要がある。
  • オンラインゲームであることから仕方のない部分もあるが、サーバーが重い、たまに落ちるなどという不満も聞かれる。また、まれにルールが間違って処理されることがあるので、そういう時は公式に報告するとよい。こういった要素が原因で敗北した場合は報告することで大会参加費などを返還してもらえることもある。
  • 実物のパックに含まれているトークン・カードや、豆知識カードチェックリストカードなどは入っていない。
    • トークンは、トークンを出すカードを使用した際に自動的に作成される。
      • その際、トークンを出すカードがプレミアム・カードであればトークンもプレミアム仕様のものが出てくる。

[編集] 使用料

必須となるのはクライアント登録料だけだが、公式大会への参加にはパックの購入費や大会参加費が必要であり、それらの購入にはクレジットカードやPaypalなどで現実のお金を支払う必要がある(ただし海外への支払いに対応していないクレジットカードは使用できないので、特にプリペイド式のものは注意が必要である)。とはいえ、トーナメント等で上位に入ると賞品としてパックをもらえるし、また公式大会以外のフリー対戦は無料で行えるため、腕や遊び方次第ではそれほどお金をかけずに楽しむことも十分に可能である。

公式の「SHOP」では、パックの価格は実際のパックの定価と同じに設定されている。各エキスパンションブースターパックのほかにも、特殊セットや構築済みデッキが販売されている(Magic Online限定の商品もある)。また前述の大会参加費として使用される「チケット」が1枚1ドルで販売されている。

ほかのプレイヤーとカードをトレードする機能もあり、カード同士のトレードのほかに前述したチケットもトレード可能であり、これを用いた擬似的な現金取引も可能。欲しいカード単品やパックをチケットとトレードすることで「購入」したり、逆に不要なカードやパックを「売却」してチケットに変えることもできる。このため、チケットは事実上ゲーム内通貨として扱われている。

  • このチケットによる単品トレードの相場は、現実のシングルカードの取引相場より低めなことが多く、このことから「MOのほうが現実のマジックより安上がりで済む」と評されることがある。ただし、例えばPauperの存在によって強力コモンがとんでもなく高値になっていたり、あまり多く剥かれなかったセットや特殊な収録形態のセットの強力カードは現実よりも高くなっている、後述する理由により神話レアのプレミアム・カードはその強さ・使用頻度に関わらず高額で扱われる、といった例外も多いため、一概には言い切れない面もある。

[編集] ゲームの特徴

現実ではその煩雑さから実現できなかった「持ち時間制」を導入しているため、遅延行為は(自分の首を絞めるだけであり)まず起こらない。10分離席した(操作が行われなかった)だけで、「大会参加の意思なし」と見なされ強制的に大会からドロップさせられる。またデジタルゲームゆえ必然にルールが極めて厳密に処理され、優先権の齟齬や誘発忘れなどのトラブルが発生しない。またシャッフルランダム化などが瞬時かつ確実に行われる点も現実に比べて便利な点といえるだろう。

しかしこれによる弊害もある。復讐の亜神/Demigod of Revenge東屋のエルフ/Arbor Elf嘘か真か/Fact or Fictionのページに例があるように、現実ならばさほど問題にはならないであろうちょっとしたルール上のトラブルや操作ミスに対しても融通が利かない。また無限コンボを行う場合、ループの設定ができず全てを手作業で行う必要があるため、前述した「持ち時間制」が逆に仇となって、コンボを決めたにもかかわらず操作が間に合わずに時間切れ負けになることもある。

[編集] 現物化

あるカードセットに収録された全カードを、基本土地を含めてすべて1枚ずつ収集(コンプリート)している場合、実物の英語版コンプリートセットと交換することができる。

  • 同一カードセットでも、プレミアム・カードと非プレミアム・カードはそれぞれ別セット扱いとされる。非プレミアム・カードのコンプリートセットが欲しい場合には全て非プレミアム・カードで収集する必要がある。
    • 当然プレミアム・カードのコンプリートセットが欲しい場合には全てプレミアム・カードで収集する必要がある。このため、非常に出にくい神話レアのプレミアム・カードはカスレアであっても高額で取引されることが多い。
  • あくまで交換であり、現物化後はゲーム内の該当のカードが無くなる。
  • 交換手数料や送料を別途支払う必要がある他、各カードセットごとに交換期限が存在する。交換可能カードセットなど詳細はクライアント上で確認できる。
  • Magic Onlineでリリースされた時点で既にスタンダード落ちのカードセット(ミラージュなど)、特殊セット、Magic Online限定セット(マスターズ・エディション シリーズなど)は、現物化することができない。
    • Zendikar Expeditionsなどの、現物化可能なカードセットに封入されるものの該当カードセットのカードとしては扱われない特殊なカード群は現物化することができない。
    • 番外カード、運命再編の基本土地などの通常はブースターパックに封入されていないカードは収集する必要はないが、当然ながらそれらのカードは現物化することができない。

[編集] 動作環境

クライアントダウンロードページを参照。

[編集] サポートしている構築ルール

[編集] サポートしているフォーマット

※リミテッドは原則として通常は最新のブロックのセットを用いて行われたが、不定期開催イベントとして過去のセットか特殊セットを用いて行われたリミテッドもある。詳細は公式サイトとクライアント上で確認できる。

[編集] かつてサポートしていたフォーマット

PauperとキューブドラフトはDCIの公式フォーマットではないものの、一部のMagic Onlineの公式大会(MOCS含み)で採用された。

フォーマットとしてはサポートされていないブロック構築もプレイはできる。例えばミラディン・ブロック構築をプレイする際にはモダンかエターナル、またはフリーフォームを選べばよいが、禁止カードもそのフォーマットに依存してしまい、アーティファクト・土地などのミラディン・ブロック構築のみで禁止されているカードが問題なく使えてしまう。古いブロック構築のゲームを公正にプレイするには、対戦相手と事前に確認する必要がある。

[編集] サポートしているカードセット

既に販売期間が終了しているカードセットもある。現在販売されているカードセットはクライアント上で確認できる。また、販売されていない一部のテーマデッキ・イベントデッキは存在する(例:消耗戦/War of Attrition

2015年以降にリリースされた特殊セットの一部新録カードは、Treasure Chestなどイベント賞品として収録される場合もある。

電子媒体であるMagic Onlineではウィザーズ社の再版ポリシーは適用されないため、再録禁止カードであっても収録される。

[編集] 参考

QR Code.gif