ロック

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ロック (Lock)は、何もできなくなってしまう状態。または、対戦相手をその状態に陥らせるカードデッキ、戦術。ドロー・ゴーとはまた違う。


Stasis / 停滞 (1)(青)
エンチャント

プレイヤーは自分のアンタップ・ステップを飛ばす。
あなたのアップキープの開始時に、あなたが(青)を支払わないかぎり、停滞を生け贄に捧げる。



Opposition / 対立 (2)(青)(青)
エンチャント

あなたがコントロールするアンタップ状態のクリーチャー1体をタップする:アーティファクト1つかクリーチャー1体か土地1つを対象とし、それをタップする。


「ロック」と一口に言ってもその手法から様々な種類に分けられる。基本的に行動を起こすにはマナ土地)と手札の2つが必要であり、そのどちらかを抑えられてしまうと、殆どのデッキは機能不全に陥ってしまう。従って、ロックは「マナロック」と「ハンドロック」の2種類に大別できると言える。(勿論、無限ターン精神隷属器/Mindslaverの使いまわしなど例外はある)

また、ロックの程度でも分かれる。ロックはあくまで時間稼ぎと割り切り、軽いプレッシャーをかけるだけのタイプと、対戦相手の動きを封じ込めてしまいゆっくりと止めを刺すタイプとがある。前者を特に「ソフトロック」などと呼んだりする。

  • 大抵ロックデッキはである。分類としてはコントロールコンボに属する。
  • 生殺しにされ続ける事が多いため「ロックデッキは友達をなくす」と言われている。対戦相手に嫌われないよう注意するとともに、可能なら相手のロックを許容する心も持ち合わせておきたい。
  • 近年、ロック色の強いカードはあまり作られてはいない。トーナメントでの時間短縮も関係しているかもしれない。特に土地を縛るものはかなり制限されている。また、ロック色の強かったカードはそのロック色を薄められて作り直されたりもしている。

[編集] ロックデッキの代表例

純粋なロックデッキだけではなく、ソフトロック的性質を持つデッキも記載している。 デッキ集の該当部分も参照。

[編集] 参考

QR Code.gif