グランプリバーミンガム18スタンダード

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

グランプリバーミンガム18スタンダード/Grand Prix Birmingham 2018 (Standard)は、2018年にイギリスで開催されたスタンダードグランプリグランプリバーミンガム18の2つ目のメインイベントとして開催された。

目次

[編集] 概要

ドミナリア参入後初となるスタンダードグランプリ。2日目開始時点での使用率は、ゴブリンの鎖回し/Goblin Chainwhirlerを中心とする赤黒アグロ/赤黒ミッドレンジ(27.8%)が2位以下を大きく引き離して首位となり、鉄葉ストンピィ(11.8%)、黒緑巻きつき蛇(11.0%)、青白コントロール(9.7%)、白黒機体(8.9%)がそれに続いた(参考)。

赤黒デッキはその後も快進撃を続け、トップ8に6人を送り込み、優勝を飾る活躍を見せた。また青白コントロールも、フィニッシャーを極限まで切り詰めた構成のものが準優勝に食い込んだ。

  • 2012年プロツアー体制変更以来初となる、最新スタンダードセット発売からプロツアーまでの間に開催されたスタンダードグランプリ。
  • 日本人最高位は齋藤友晴の第51位。

[編集] 基本データ

[編集] 上位入賞者

[編集] トップ8

[編集] 初日全勝

[編集] 参考

2018シーズン
世界選手権
ワールドカップ
世界選手権 - ワールド・マジック・カップ
国別選手権 日本 - アメリカ
プロツアー プロツアー「イクサランの相克」(ビルバオ) - プロツアー「ドミナリア」(リッチモンド) - マジック25周年記念プロツアー(ミネアポリス) - プロツアー「ラヴニカのギルド」(アトランタ)
グランプリ
イクサランの相克
サイクル
サンタクララ - インディアナポリス - ロンドン - ヒューストン - トロント冬 - リヨン - メンフィス
ドミナリア
サイクル
マドリード - サンティアゴ - フェニックス - 京都 - アムステルダム - シアトルレガシースタンダード) - シドニー - ハートフォード - ボローニャ - コロンバス - 北京 - ダラスフォートワース - バーミンガムレガシースタンダード) - トロント春 - ワシントンDC - コペンハーゲン
基本セット2019
サイクル
ラスベガスモダンリミテッド) - シンガポール - ピッツバーグ - バルセロナ - サンパウロ - 千葉 - サクラメント - トリノ - ミネアポリス - ブリュッセル - オーランド - プロビデンス - ロサンゼルス - プラハ - リッチモンドレガシースタンダード) - デトロイト - 香港 - ストックホルム
ラヴニカのギルド
サイクル
モントリオール - メキシコシティ - 名古屋 - デンバー - リール - ニュージャージー - アトランタ - メルボルン - ミルウォーキー - ワルシャワ - 静岡レガシースタンダード) - リバプール - ポートランド
ラヴニカの献身
サイクル
バンクーバー
その他 チームシリーズ決勝 - PoY決定戦 - ヴィンテージ - レガシー - ヨーロッパヴィンテージ - ヨーロッパレガシー - アジアヴィンテージ - アジアレガシー - Finals
1995-19961996-19971997-19981998-19991999-20002000-20012001-20022002-20032003-20042004-20052006200720082009201020112012201320142015201620172018201920202020-20212021-20222022-2023
QR Code.gif