無垢の血/Innocent Blood

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Innocent Blood / 無垢の血 (黒)
ソーサリー

各プレイヤーはクリーチャーを1体生け贄に捧げる。


1マナ布告残酷な布告/Cruel Edictより軽い代わりに、自分クリーチャー生け贄に捧げなくてはならなくなった。

一見すると2対1交換でカード・アドバンテージを失ってしまう効果だが、例えばこちらがクリーチャーを1枚もコントロールしていなければデメリットは無くなり、ただ1マナ軽いだけの残酷な布告として使える。

序盤からクリーチャーを使わないタイプのデッキノンクリーチャーなどでは優秀な除去カードとして重宝される。当時のスタンダードオデッセイ・ブロック構築では黒コントロールサイカトグの主力除去カードとして活躍した。対戦相手サイカトグ/Psychatogへの有力な対抗手段となったことも大きい。レガシーでも除去の候補に挙がる。

  • この呪文対象を取らないので、戦場のクリーチャーの有無にかかわらず、唱えられる。生け贄に捧げるクリーチャーがいないなら、単に何もしないだけである。
  • 多数のクリーチャーを巻き込むものではないが、対象を取らない、お互いのクリーチャーに効果が及ぶなど、性質としては全体除去に近い。小さな神の怒り/Wrath of Godと表現できる。事実ミルストーリーのごとく、ノンクリーチャーにしてデメリットを防ぎ、除去としてこれを搭載した青黒石臼/Millstoneデッキがあった。

[編集] 関連カード

[編集] オデッセイの類似カード

オデッセイの特定のカード・タイプパーマネントを各プレイヤー生け贄に捧げさせるソーサリー。いずれもコモンであり、に存在する。

[編集] 主な亜種

[編集] 参考

QR Code.gif