催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mesmeric Fiend / 催眠の悪鬼 (1)(黒)
クリーチャー — ナイトメア(Nightmare) ホラー(Horror)

催眠の悪鬼が戦場に出たとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは自分の手札を公開し、あなたはその中から土地でないカードを1枚選ぶ。そのカードを追放する。
催眠の悪鬼が戦場を離れたとき、その追放されたカードをオーナーの手札に戻す。

1/1

戦場に出たとき、対戦相手土地以外の手札を1枚一時的に追放することができるナイトメア

対戦相手の手札を見て選べるのはよいのだが、サイズが1/1で除去されやすいため、結局除去カードを追放せざるを得ない、といった局面が多いのが難点。しかし、除去が1枚しかなければ後述のルールにより追放能力に対応して除去、ということがやりづらく、結果2ターン目に対戦相手の手札を把握した上で次の除去を引くまで除去を封じ込められるため、優位に立ちやすくなる。2枚以上除去があった場合は即座に除去されてしまうだろうがそれでも除去を使わせる避雷針としての役割は果たせる。そのため、序盤の牽制役としてはなかなか便利。単体でも十分な性能だがクリーチャーとして戦場に残る事を生かし、装備品などの強化手段とセットで使うとなお強力。

スタンダードではノワールエクステンデッドでは京都迷宮案内などで使われ、ヴィンテージでの使用にも耐える優良カードである。特に京都迷宮案内では陰謀団式療法/Cabal Therapyと組み合わせて牽制から手札破壊に繋ぐ動きがよく見られた。もちろんリミテッドでもカード・アドバンテージが取れるので強力。同じトーメント影の形態/Shade's Formはよい相方。

[編集] 参考

QR Code.gif