神の怒り/Wrath of God

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Wrath of God / 神の怒り (2)(白)(白)
ソーサリー

すべてのクリーチャーを破壊する。それらは再生できない。


全体除去の元祖にして基本と言えるカード。かつてハルマゲドン/Armageddonと双璧をなした、リセットボタンの代名詞的存在。

対象を取らず、などの条件も問わず、さらには再生も許さないため、大部分の除去耐性を無視することができる究極的なクリーチャー除去呪文である。状況によっては単体に対して使うこともあるが、基本的には複数のクリーチャーを破壊してカード・アドバンテージに繋げていく。

欠点は、自分のクリーチャーも巻き添えにしてしまう点。そのため、クリーチャーをあまり使用しないタイプのコントロール・デッキでの活躍のほうが目立つ。特に低速コントロールでは、序盤から中盤を生き延びるための必須カードと言える。往年の青白系コントロールビートダウンに対して強いと言われていたのは、このカードの存在のおかげと言っていいだろう。

時には白ウィニーに採用されることもある。これは戦場の状況が不利になってしまったとき、一度自分のクリーチャーごとリセットし、再び展開力勝負に持ち込むため。いつでも有効な作戦ではないが、例えばリベリオンなどの極めて展開力が高いデッキではよく使われる手である。

また、カードプールに応じて、アカデミーの学長/Academy Rectorなどの「巻き添えになっても損しない(あるいはむしろ積極的に巻き添えにしたい)カード」、冥界のスピリット/Nether Spiritなどの「巻き添えになっても困らないカード」、またミシュラランドのようなクリーチャー化パーマネントなどの「巻き添えにならないカード」と言った面々と組み合わせて使われることも多い。

  • 通称ラスゴ
  • かつての全体除去の代表にして、基本セットの常連。当然に取引価格は高額であったが、「神の怒りとアダーカー荒原/Adarkar Wastesさえ買い揃えれば青白コントロールで一生遊べるんだから、むしろ安い買い物だ」とまで言われていた時代もあった。その当時の活躍ぶりと知名度が伺える。
  • 対象やプロテクションに関するルール説明でよく登場する。直接破壊とダメージによる破壊の違いを説明するため、地震/Earthquakeとともに登場することも多い。
  • ハルマゲドン、十字軍/Crusadeと共に、「白の三大レアカード」と言われた1枚。とはいえいずれも性質が異なるため、この3枚すべてを入れたデッキというのは少なかった。
  • 余白が十分にあるにもかかわらず、ポータル版とFrom the Vault:Annihilation版以外でフレイバー・テキストが存在しないのは、そのシンプルで強力な効果を強調するためである(参考:Design of the Times)。
    • ルール文章の美しさを際立たせるためか、英語版の第10版では文章欄が中央揃えにされている。また、この関係で破壊効果と再生禁止との間に改行が生じているが、オラクルではあくまでも一続きである。
    • 埋葬」が用いられていた第4版第5版のものは、「すべてのクリーチャーを埋葬する。/Bury all creatures.」(第4版画像)の1文1行のみとさらにシンプルなテキストであった(リバイズド版も埋葬を用いているが、「All creature in play are buried.」というテキストで2行で書かれていた)。
  • Ron SpencerによるイラストFoilのテキストレスプロモーション・カードが、2006年10月のプレイヤー褒賞プログラムプロモとして配布された。
  • "Wrath of God"は「神罰」の意味で定型句的に使われる言葉。「怒り」で「Wrath」というのは日本人には余り馴染みの無い単語であるが、「憤怒」と訳せるほど激烈な怒りであると考えた方がよいだろう。ダンテの「神曲」に登場する「7つの大罪」の内の1つも「Wrath(憤怒)」である。
    • クリエイティブ・チームは現実世界における宗教的な意味合いを含んでしまうこのカード名に頭を悩ませており、From the Vault:Annihilationに(全体除去がテーマであるにもかかわらず)非収録となる予定だった。しかしマジック世界の登場人物であるテーロス/Theros神/Godヘリオッド/Heliodを描くことで諸問題が解決され、収録されるに至った(イラスト)(参考/翻訳)。また、新フレイバー・テキストも追加された。

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

全体除去の元祖であるため、当然ながら亜種は数多いが、ここでは白単色でクリーチャーのみに対処する全体除去を挙げる。特記しない限りソーサリー。なお再生を許す亜種は審判の日/Day of Judgmentの項を参照。また、リセットカードも参照のこと。

[編集] その他

[編集] 参考

QR Code.gif