対象

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

対象/Targetとは、呪文能力が影響を及ぼす、事前に選択されたオブジェクトプレイヤー領域のこと。マジックにおいて「対象」は、ルール用語として一般的な意味と異なる特別な意味を持つ。ルールなどの説明でこの用語を用いるときは注意しなくてはならない。


Shock / ショック (赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。ショックはそれに2点のダメージを与える。



Ivory Mask / 象牙の仮面 (2)(白)(白)
エンチャント

あなたは被覆を持つ。(あなたは呪文や能力の対象にならない。)


目次

[編集] 解説

呪文能力が対象をとるのは、下記の2つの場合のみである。

  1. 「[何か]を対象とする。/target [何か]」という記述が文章中に存在する場合、その[何か]を対象とする。
    • キーワード能力の場合、その定義にこの記述を含んでいることがある(例:装備)。この場合も対象をとる。
  2. オーラ呪文の場合、エンチャント能力の指定に従い、その適正なエンチャント先を対象とする。

このどちらでもない呪文や能力は対象をとらない。「あなた/You」は、そのオブジェクトコントローラーを指す単語であり、対象をとるということではない。

対象は、呪文ならば唱える際に、起動型能力ならば起動する際に、誘発型能力ならば誘発してスタックに乗る際に決定する。不正な対象を選択することはできない。適正な対象を取ることができない場合には呪文を唱えたり能力を起動したりはできず、誘発してスタックに乗ってもスタックから取り除かれる。

対象が適正であるかどうかは解決時にもチェックされる。対象を必要とする呪文や能力は、その対象の一部が解決時に不適正になっていた場合、残った対象に効果を発生させる。解決時にその全ての対象が不適正になっていた場合、その呪文や能力はルールによって打ち消される。(古い用語では、「立ち消え」と表現されていた)

  • 対象が適正かどうかのチェックは上記の時点でのみ行われる。これら以外の場合に対象として適正でなくなっても、そのことが原因で効果が生じなかったり終了したりすることはない。
  • 一度選んだ対象は、不適正になっても勝手に変更することはできない。
  • 可変個の対象を取ることのできる呪文や能力が存在する。その場合、0個の対象を選んだ場合は、対象を取らないものとみなされる。
  • 対象を変更する効果がいくつか存在する。詳しくは対象の変更の項目を参照すること。
  • スタック上にある呪文や能力は、自身を対象とすることはできない(CR:114.4)。よって「対抗呪文/Counterspell分流/Shuntを使用して対象を対抗呪文自身に変更する」ということは不可能である。
    • ただし、対象を分流に変更することは可能である。なぜなら、分流の解決中、まだ分流はスタック上に置かれているからである。
  • 対象として適正であれば、解決の際の挙動は考慮する必要は無い。打ち消し呪文を打ち消されない呪文を対象に唱えることは適正である。このような場合、マジックの黄金律にあるとおり「できない」が勝り「実行不可能な指示は無視」されるために、単に解決時に何も起こらないだけである。
    • 例えば、打ち消されない呪文を対象に放逐/Dismissを唱えてもよい。その場合、呪文は打ち消せないものの「カードを1枚引く」という処理は実行される。
    • 盤面が複雑になると難しく感じてしまうが、「呪文や能力の対象がすべて不適正になっている」「呪文や能力が打ち消されている」「呪文や能力がスタックから直接取り除かれている」のいずれにも該当しない場合は、解決自体は実行されるということを念頭にいれておこう。

[編集] 複数の対象をとる場合

  1. オラクルで1つの「Target」を使って対象を取るオブジェクトを示している場合、同じオブジェクトを複数回対象として選んではいけない。(例:暴力的な根本原理/Violent Ultimatum
  2. オラクルで複数の「Target」を使って対象を取るオブジェクトを示している場合、それぞれにおいて制限を満たした上で、同じものを複数回対象として選んでもよい。(例:大量破壊/Decimate
    • この方法で同じものを複数回選んだとしても、それは「単一の対象をとる」呪文ではない。

日本語のテキストは翻訳のテンプレートが逐一変更されており、上の違いが分かり難いカードがある。どちらか判断しづらい場合はオラクルを参照するように。

  • 2014年11月(統率者2014)現在では、「「[性質]N個(または[性質]N個)」としてまとめられている中で、同じ対象を複数回選ぶことはできない。」が日本語訳のテンプレートである。
    • 「クリーチャー2体を対象とする」は同じクリーチャーを対象に取れないが、「クリーチャー1体と、クリーチャー1体を対象とする」は同じクリーチャーを対象に取ることができる。
  • 神河物語で現在のルールに変更される前は、どちらの場合であっても同じ対象を複数回選ぶことはできなかった。

[編集] 訳語の変遷

「対象」の訳のテンプレートは、オンスロート以降大幅に変更された。

例えば、ショック/Shockルール文章は、英語では以下の通りである。


Shock (赤)
Instant

Shock deals 2 damage to target creature or player.


これを、オデッセイ・ブロックまでは、以下のように訳していた。


旧オラクル

ショック / Shock (赤)
インスタント

ショックは、対象のクリーチャー1体か対象のプレイヤー1人に、2点のダメージを与える。


すなわち、英語の「target」の部分をそのまま「対象の」と置き換えただけのものである。

ところが、この訳では、対象を選ぶのはショックを唱えたときだということが初心者にわかりづらいという問題が生じていた。

そのため、オンスロート・ブロック以降、訳語が以下のように改められた。


Shock / ショック (赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。ショックはそれに2点のダメージを与える。


対象を先に宣言し、元の「target」の部分は「それ」と訳すようにすることで、何を対象とするのかが日本語でもわかりやすくなった。

以上の変更のため、複数の対象を取る場合に「その前者」「その後者」をつけるなど、複雑な変更がなされている場合がある。


Kor Outfitter / コーの装具役 (白)(白)
クリーチャー — コー(Kor) 兵士(Soldier)

コーの装具役が戦場に出たとき、あなたがコントロールする装備品(Equipment)1つとあなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、その前者をその後者につけてもよい。

2/2


Acolyte's Reward / 侍祭の報賞 (1)(白)
インスタント

クリーチャー1体を対象とし、クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。このターン、次にその前者に与えられるダメージをX点軽減する。Xは、あなたの白への信心である。これによりダメージが軽減されるなら、侍祭の報賞はその点数に等しい点数のダメージをその後者に与える。(あなたの白への信心は、あなたがコントロールするパーマネントのマナ・コストに含まれる(白)の数に等しい。)


以上のカードは、いずれもオラクルでは「target」が2回使われているが、日本語版ではコーの装具役に「対象」が1回しか使われていない。

また、この訳語では、超過注釈文を「『対象の』を『各』に置き換える」と単純に訳すことができないという問題が生じた。 よって、日本語版では、変更後のテキストをそのまま書くという対応になった。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20161111.0

QR Code.gif