色対策カード

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

色対策カード(Color Hoser)とは、特定のまたは基本土地タイプに対して大きな効果を発揮するカードの総称。


Chill / 寒け (1)(青)
エンチャント

赤の呪文は、それを唱えるためのコストが(2)多くなる。



Deathmark / 死の印 (黒)
ソーサリー

緑か白のクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。


目次

[編集] 解説

その名の通り、特定の色に対する対策として使うようにデザインされたカードのこと。対象が限定的なぶん、効果が大きいことが多い。

ほとんどは色の役割に沿った効果であるが、対象が限定的であることからか特例的な効果を得られるケースもある。例えばの色対策カードには火力土地破壊などが多いが、本来不得手な打ち消しエンチャント破壊ができるカードもある。

また直接的に色や基本土地タイプを指定していなくても、特定の色の得意分野に対する対策カードとしてデザインされている例もある(例:黒の役割である手札破壊への対策青の役割である打ち消しへの対策など)。

多くは「ある1色が、別の1色(主に対抗色)を対策をする」デザインであるが、他にも「ある1色が、対抗色2色をまとめて対策する」「友好色2色が、共通対抗色1色を対策する」「同色を対策する」などのバリエーションが存在する。

  • かつての色対策カードは「特定の色には露骨に強力で、1枚で完封できることすらあるが、他の色には何もできない」という極端なものが多かった。近年はデザインの方針が変わったのか「特定の色相手ならかなり強く、それ以外相手でもそれなりに使える」程度のバランスが主流になりつつある。
  • 第9版までの基本セットでは基本的にアンコモンに色対策カード10枚分のスペースが設けられている。第10版では、上記の2色を同時に対策する色対策カードが各色1枚ずつ収録された。

[編集] 代表的な色対策カード

矢印の左側がカードの色、右側が対抗する色を表す。

[編集] 色対策カードの一覧

各種ページを参照のこと。

[編集] 参考

QR Code.gif