トーメント

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
トーメント/Torment
シンボル ウロボロス
略号 TO, TOR
コードネーム Boron
発売日 日:2002年2月1日
セット枚数 全143種類

トーメント/Tormentは、オデッセイ・ブロックの1番目の小型エキスパンション。日本では2002年2月1日に発売された。意味は「苦痛」。

目次

[編集] 概要

ミラーリ/Mirari陰謀団/The Cabalの手に落ちた後のオタリア大陸を舞台とする。

セット固有のテーマは「」。色配分を大幅に崩したマジック史上初のセットで、黒のカードが多く、その対抗色のカードが少ない。

新キーワード能力としてマッドネスが登場し、ナイトメアが新たなメカニズムとして登場した。他にも黒以外の色で、「取り憑かれた」クリーチャーサイクルや、汚れた土地のサイクルが登場した(いずれも黒に関係する)。過去のカードからはセンギアの吸血鬼/Sengir Vampire再録され話題を呼んだ。

スタンダード環境へ以下の影響を与えた

また発売前に話題を集めたカードとして、再録された過去の名カードであるセンギアの吸血鬼/Sengir Vampire、新バージョンの新たな芽吹き/Regrowthである郷愁的な夢/Nostalgic Dreamsが挙げられる。しかし、最終的に環境に適合できず凋落していった。

  • このセットより、プレミアム・カードの封入率が70枚中1枚になり、かつ製造工程の変更によりプレミアム・カードに継ぎ目が存在しなくなった。
  • 製造過程のミスで、英語版のプレミアム・カードでない白のカードはイラストが荒くなっている(参考:Ask Wizards - February, 2002(2/26))
  • 英語名が同じ名前カードが存在する(責め苦/Torment)が、このセットとの関係はない。
  • 開発時のセット名は「Vendetta(ベンデッタ)」であったが、現在の名称に変更された。
  • よく使われる語であるトーナメントと紛らわしい。

[編集] テーマデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] デザイン

デザイン・チーム Bill Rose (lead)
Mike Elliott
オデッセイ・デザインコンセプト Richard Garfield
Mark Rosewater
デベロップ・チーム Henry Stern (lead)
Randy Buehler
Mike Donais
Bill "Quill" McQuillan
Brian Schneider
貢献 Paul Barclay
Brady Dommermuth
アート・ディレクター Dana Knutson

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif