魔学コンパス/Thaumatic Compass

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Thaumatic Compass / 魔学コンパス (2)
アーティファクト

(3),(T):あなたのライブラリーから基本土地カード1枚を探し、それを公開してあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。
あなたの終了ステップの開始時に、あなたが土地を7つ以上コントロールしている場合、魔学コンパスを変身させる。

Spires of Orazca / オラーズカの尖塔
土地

(《魔学コンパス/Thaumatic Compass》から変身する。)
(T):あなたのマナ・プールに(◇)を加える。
(T):対戦相手がコントロールしている攻撃クリーチャー1体を対象とし、それをアンタップし、それを戦闘から取り除く。


コンパスが指し示す土地を次々と渡り歩いていくと、オラーズカ/Orazcaにたどり着くというフレーバーに溢れたアーティファクト

第1面旅行者の凧/Journeyer's Kiteと同じ性能。起動コストは3マナと重いが、何回でも地勢/Lay of the Landを使えるため、土地を伸ばしたいデッキでは役に立つこともある。

第2面ではイス卿の迷路/Maze of Ith惑いの迷路/Mystifying Mazeに似た土地になる。マナいらずで攻撃クリーチャーを1体無力化できる便利な効果変身の条件は土地を7枚以上コントロールしていることであり、長期戦志向の構成であればさほど難しくない。

両面ともコントロールデッキ向けの性能であるが、強力なクリーチャーが闊歩する登場時のスタンダード環境ではやや悠長な嫌いがあるからか、あまり使用されていない。

リミテッドではやや挙動が重いが、マナスクリュー色事故を解決してくれるカード。裏面は相手のフィニッシャーを1枚釘付けに出来る擬似除去であり、長期戦では大いに活躍する。

[編集] ストーリー

魔学コンパス/The thaumatic compassは、ニコル・ボーラス/Nicol Bolasヴラスカ/Vraskaイクサラン/Ixalanでの仕事を依頼する際、彼女に与えた特殊なコンパス[2]。オレンジ色の光を放つ、大小様々な針が組み込まれている(イラスト)。

黄金の都オラーズカ/Orazcaへの道を示すとされるが、何本もの針が異なる方角を指している上、突然向きが変わったかと思うと数時間後には元に戻るため、その解釈は困難である。だがジェイス・ベレレン/Jace Belerenによる修理と調査の結果、プレインズウォーカー/Planeswalkerがプレインズウォークを試みると、針はそちらを指すことが判明した[3]

またこのカードは、イクサラン注目のストーリーの4枚目でもある。命からがらイクサラン/Ixalan大陸に上陸したヴラスカとジェイスは、魔学コンパスの導きに従いオラーズカを目指す[4]ファートリ/Huatliティシャーナ/Tishanaヴォーナ/Vonaとの熾烈なコンパスの奪い合いの末、ヴラスカ一行はついに黄金の尖塔を目の当たりにする[5]

「明らかに、これが示す霊気方位の先には……」
ジェイス・ベレレン

(出典:魔学コンパス)
「……何か不可解なものがある。」
ジェイス・ベレレン

(出典:オラーズカの尖塔)
  • thaumaticはthaumaturgy(魔術)と接尾辞-ic(~の性質がある、~的な)を組み合わせた造語だろう。

[編集] 脚注

  1. こちらマジック広報室!!:11月24日(金)はブラックフライデー!? 『イクサラン』の宝箱キャンペーン開始!(2017年11月10日)
  2. The Talented Captain Vraska/敏腕船長ヴラスカ(Magic Story 2017年9月20日 R&D Narrative Team著)
  3. Something Else Entirely/変わりゆく先に(Magic Story 2017年10月4日 R&D Narrative Team著)
  4. The Race, Part 1/争奪戦 その1(Magic Story 2017年10月11日 R&D Narrative Team著)
  5. The Race, Part 2/争奪戦 その2(Magic Story 2017年10月18日 R&D Narrative Team著)

[編集] 参考

QR Code.gif