浄化の輝き/Cleansing Nova

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Cleansing Nova / 浄化の輝き (3)(白)(白)
ソーサリー

以下から1つを選ぶ。
・クリーチャーをすべて破壊する。
・アーティファクトとエンチャントをすべて破壊する。


クリーチャーまたはアーティファクトエンチャントへのリセット呪文審判の日/Day of Judgment浄化/Purifyを使い分けるモード呪文であり、浄化の上位互換

単純に「5マナ全体除去」というだけで登場時点の基準としては一線級のカードパワー。そこに不要な場合に使い分けできるオプションがついて腐りにくくなっており、利便性が高い。サイドボード後のコントロールにありがちな、クリーチャーを対処できたものの厄介なエンチャントアーティファクトに対処できないせいでカード・アドバンテージを取られ続けて押し負けるという展開を、メインのスロットで防いでくれるのは頼もしい。

特に登場時のスタンダードでは、通常のソーサリー・タイミングの全体除去では対処できない機体を用いたデッキや、鼓舞する彫像/Inspiring Statuary霊気貯蔵器/Aetherflux Reservoirなどを擁する逆説ストームのような置物を戦略の中核に据えたデッキも多く、あるいは特化でなくとも造命師の動物記/Lifecrafter's Bestiaryアルゲールの断血/Arguel's Blood Fastなど対処したい置物は多いため、有用。ローテーションで機体や置物デッキはほとんど環境を退いたものの、実験の狂乱/Experimental Frenzy等にメインから対応でき、サイドボード後に飛び出してくる不滅の太陽/The Immortal Sunをケアできるなど、引き続き置物対策としても存在感を放つ。特にリッチの熟達/Lich's Masteryを活用したレインボーリッチに対しては強烈なアンチカードとして機能する。

弱点としては、これを使うようなコントロールデッキにおいては、自身も排斥/Cast Out封じ込め/Seal Awayと言ったエンチャントによる除去、或いはアズカンタの探索/Search for Azcanta魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglassなどの置物を用いることが多いため、全て破壊してしまうと自分の首を絞めかねない点が挙げられる。後者に関してはプレイングなどで気を付ける以外にないが、前者に関しては単体除去の除去呪文や火力で賄うような構成にするなどデッキ構築の時点から調整しておきたい。

登場時のスタンダードにおいては、全体除去としてはライフ回復による時間稼ぎができる燻蒸/Fumigateが、また置物対策としては排斥/Cast Out俗物の放棄/Forsake the Worldlyなどの定番単体除去がライバルとなる。一般的な青白コントロールでは燻蒸と排斥が広く使われるが、単体除去を重視していないターボネクサスなどのデッキがサイドボードに採用する場合には、スロットの節約の観点からこちらを優先する例がみられる。ローテーション後はそれらが落ちたことで相対的に評価が上がっており、残骸の漂着/Settle the Wreckageという競合相手が残っているものの、ジェスカイ・コントロールなどで使用される。

リミテッドでは過去の全体除去の例に漏れず、盤面を一気に逆転しうる文句なしのボム

[編集] 参考

QR Code.gif