マナ・コストを支払うことなく唱える

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マナ・コストを支払うことなく唱える/cast ... without paying its mana costとは、代替コストのうち、リソース支払うことなく唱えることを許可する書式である。


Omniscience / 全知 (7)(青)(青)(青)
エンチャント

あなたはあなたの手札にある土地でないカードを、それらのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。



Oracle of Bones / 骨の神託者 (2)(赤)(赤)
クリーチャー — ミノタウルス(Minotaur) シャーマン(Shaman)

速攻
貢納2(このクリーチャーが戦場に出るに際し、あなたの望む対戦相手1人はこれの上に+1/+1カウンターを2個置いてもよい。)
骨の神託者が戦場に出たとき、貢納が支払われていない場合、あなたはあなたの手札にあるインスタント・カード1枚かソーサリー・カード1枚を、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。

3/1

目次

[編集] 概要

呪文の中には、本来のマナ・コストのほかに、「代わりに」支払うことで唱えることができる特別なコスト、すなわち代替コストを持つものがある。その中でも特にこの「マナ・コストを支払うことなく唱える」という書式のものは、マナ・コストの支払いを免除する。

ルール文章には「あなたは[このオブジェクト]をマナ・コストを支払うことなく唱える(唱えてもよい)/You (may) cast [this object] without paying its mana cost.」と書かれる。

その呪文自身に定義されている場合もあれば、別のカードの効果によって与えられる場合もある。またあるいは別のカードの効果の一部としてその解決時に処理されることもある。

  • たいていの場合はマナなどを支払わなくて済むためお得であるが、X火力烈日向上呪文など呪文の性質によっては不利になることがある点に注意。詳しくは#ルールを参照。
  • 「マナ・コストを支払うのではなく(0)を支払ってもよい」という書式(例:精神壊しの罠/Mindbreak Trap)と挙動は似ているが、唱える以外の状況では適用できないという点が異なる。

[編集] ルール

代替コストのページも参照。

  • マナなどのコスト支払いがないだけで、その他の点については通常の呪文唱える手順に従う。対象がないのに勝手に唱えたりはできないし、打ち消しされたりもする。
  • 呪文自体の性質は変化しない。その呪文のマナ・コストや点数で見たマナ・コストなども変化しない。特別に許可されていない限り、ソーサリーインスタント・タイミングで唱えたりもできない。
    • 特別に許可されている場合とは、呪文や能力の解決中に呪文を唱えるよう指示されたり、「瞬速を持つかのように唱えてよい」といったさらなる効果があるときのこと。例えば続唱によってインスタント・タイミングでソーサリーなどを唱えることができる。このことは、「マナ・コストを支払うことなく」という句がなくても同じ。
  • 定義されていないXをマナ・コストに含む呪文をこれにより唱える場合、Xは0しか指定できない。(CR:107.3b
  • 支払いを免除されるのはマナ・コストのみである。追加コスト増加したコストまでは代替できず、総コストを直接変更する効果も無視できない。
    • 強制の追加コストは必ず支払う必要があり、任意の追加コストは支払うかどうかを選ぶことができる。
  • これは代替コストの一種であるため、これを適用することを選んだ場合、他の代替コストを適用することはできない。
    • 超過授与などの追加効果を利用するには、その代替コストを支払う必要がある。
    • 「マナ・コストを支払うことなく唱えてもよい」という効果は、呪文を唱えるかどうかの選択肢のみ与える。これにより呪文を唱えるなら、マナ・コストを支払わないことは強制であり、他の代替コストは適用できない。
  • 唱えることによって誘発する能力(例:ストーム複製伝説のエルドラージの能力、強請果敢など)も、通常同様に誘発する。ただしそれにマナなどの支払いが必要な場合、そちらは支払う必要がある。
  • 「それを唱えるために使われたマナ」は存在しない。烈日を持っていてもカウンターは置かれないし、向上呪文の追加の効果も得られない。

[編集] 「マナ・コストを支払うことなく唱える」処理を含む/関連するキーワード能力

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif