領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Skysovereign, Consul Flagship / 領事の旗艦、スカイソブリン (5)
伝説のアーティファクト — 機体(Vehicle)

飛行
領事の旗艦、スカイソブリンが戦場に出るか攻撃するたび、対戦相手がコントロールするクリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とする。領事の旗艦、スカイソブリンはそれに3点のダメージを与える。
搭乗3(あなたがコントロールする望む数のクリーチャーを、パワーの合計が3以上になるように選んでタップする:ターン終了時まで、この機体(Vehicle)はアーティファクト・クリーチャーになる。)

6/5

伝説の機体。6/5飛行という優れたサイズに加え、戦場に出た時攻撃時にクリーチャープレインズウォーカーに3点火力を放つ。

搭乗3というやや扱いにくいコストではあるものの、機体のネックである戦場に出した時のテンポロスをETB能力でカバーしており、攻撃性能は高い。

リミテッドでは言わずもがな強力。強烈な除去性能によって、単体で対戦相手の戦線を瓦解させることができる。

構築ではプレインズウォーカーに対する制圧力および高い打撃力を活かし、早速赤白機体金属製の巨像などで採用されている。霊気紛争後もマルドゥ機体サイドボードによく見られる。アーティファクト対策として用いられる自然のままに/Natural State断片化/Fragmentizeが効かないことも魅力。

[編集] ストーリー

スカイソブリン/Skysovereign領事府/The Consulateの保有する巨大な飛空船(イラスト)。空賊狩りのために設計され、内部には精巧な戦術盤を備えた司令室がある。

霊気紛争のストーリーでは霊気塔/Aether Spireの空の守りの要としてキランの真意号/Heart of Kiranを近づけさせなかったが、カーリ・ゼヴ/Kari Zevの機転により誘導された空鯨/Skywhaleと衝突し墜落した。

[編集] 登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif