髑髏の占い師/Augur of Skulls

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Augur of Skulls / 髑髏の占い師 (1)(黒)
クリーチャー — スケルトン(Skeleton) ウィザード(Wizard)

(1)(黒):髑髏の占い師を再生する。
髑髏の占い師を生け贄に捧げる:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを2枚捨てる。この能力は、あなたのアップキープの間にのみ起動できる。

1/1

の占い師は精神腐敗/Mind Rot内蔵のウィザード

蠢く骸骨/Drudge Skeletonsの亜種として、リミテッドではお手軽なブロック要員として活躍する。構築では、手札破壊が目当てになるだろう。能力起動できれば、僅か2マナカードカード・アドバンテージを得られる。再生がある分、アップキープ・ステップまで残しやすく、サイクルの中では使いやすい。

再生のコスト軽くはないが、カルシダーム/Calciderm巨大ヒヨケムシ/Giant Solifuge、手札破壊デッキの天敵である十二足獣/Dodecapodといった厄介なクリーチャーを止められるため、コントロールには有難い。

スタンダードでは、ニヒリスコントロールのようなコントロール、メガハンデスのようなビート・コントロールで使われた。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

未来予知の占い師サイクル。自分のアップキープの間に生け贄に捧げることで、能力を使用できる。

[編集] 参考

QR Code.gif