死の重み/Dead Weight

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dead Weight / 死の重み (黒)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは-2/-2の修整を受ける。


のマイナス修整オーラ衰弱/Weaknessおよび弱体化/Enfeeblement上位互換

スタンダードで入れ替わりとなった見栄え損ない/Disfigureと同じマナ・コスト・同じマイナス修整値であるが、カード・タイプの違いで使用感がだいぶ異なる。インスタント・タイミングで柔軟に撃てなくなった一方、修整が継続するためサイカトグ/Psychatogのような一時的パンプアップで凌がれる危険がなく、また後半でも大型クリーチャーつけることで弱体化できるなど、腐りにくくなっている。

しかしイニストラード・ブロックには瞬唱の魔道士/Snapcaster Mageなどのインスタントと相性のよいカードが多い一方、エンチャントであることを活かせる場面がほとんどないため、シナジーの差でライバルの悲劇的な過ち/Tragic Slipの後塵を拝している感があった。ミラディンの傷跡ブロック期のスタンダードでは、太陽のタイタン/Sun Titanによって使い回される場面があった。この使い方だと聖トラフトの霊/Geist of Saint Traftのような呪禁持ちも除去できる(オーラを参照)。

イニストラードを覆う影再録。こちらでは墓地に置きやすいエンチャントであることが昂揚のサポートとして活きる。構築では軽量除去としては闇の掌握/Grasp of Darknessなどが優先されるが、アリストクラッツナントゥーコの鞘虫/Nantuko Huskを確実に除去できる利点もあり追加の除去としてサイドボードに仕込まれることがあるほか、季節コントロールでは1マナ枠で回収できる除去として採用される。

ラヴニカのギルドでも再録。を含まないゴルガリ・ミッドレンジディミーア諜報等で軽量除去として採用されることがある。喪心/Cast Downと比べると一長一短だが、パーマネント・カードなのでゴルガリの拾売人/Golgari Findbroker回収できる利点がある。

Pauperでは黒単コントロール青黒コントロールなどで見栄え損ないと1マナの除去枠を競っている。親和エイトグ/Atogに対して非常に強く、ささやかながら信心の足しにすることも可能である。代わりに柔軟性を失ったことで青単デルバーなどに対しては見栄え損ないよりもやや劣る。どちらを選択するかはデッキの他の除去やメタゲーム、好みなどによって変わるだろう。

[編集] 参考

QR Code.gif